h4.jpg 当ブログ「自然民族占い」概要。

自然エネルギーの視点から、自然界を理解・認識を深める中で、「人の運気・特性診断(自然民族占い)」を中心に、「パワースポット紹介」「自然現象・自然環境」「自然雑談」を綴っております。 お楽しみいただければ幸いです。

h4.jpg 2018年”季節”情報!!

電力自由化の機会を大いに活かして、「原子力発電」に頼らない電気エネルギーを選びたいと思います。私は、「原発不要」の意思を込めて、新規電力事業者からのサービスを選びたいと思っています。

発電01.jpg

□sponsor site

h4.jpg 自然民族診断(占い)サロンの開設!

自然民族診断(占い)に関して、自由な会話のやり取りを出来る場として、「自然民族診断(占い)サロン(自然民族診断(占い)!火の民・水の民・金の民・土の民・風の民の集い)」を開設いたしました。単月¥216円(税込)での有料クローズド空間となっています。

今後「自然民族診断に関するご相談」などは、このサロン内で行っていく予定です。サロンの主旨(理念)や内容イメージに関して、まずはこちらの記事(自然民族診断(占い)サロンの開設!自然民族診断の個別相談など気軽に出来る集いの場。)をご参照いただければと思います。

自然の【民族】占い Top > 自然現象・自然環境

2016年05月12日

本日(5月12日)は「風の癒し力」満点の自然環境に!

5月11.jpg

昨日は、強い風エネルギー環境となるとともに、「風の荒々しさ」が感じられる自然環境となりました。様々な要素が、地域ごとの特色とともに活性化されていたものと思っています。

今朝は、膨大な風エネルギーが存在する自然環境であることには、変わりがないのですが、「風エネルギーの働き・作用」に大きな変化が出てきたようですね。昨日は「激しい活性力」が主体の作用となっていたわけですが、今朝は「風の癒し力」が主体となっています。関東周辺では、正直すご〜く、癒し力の高い自然環境となっているんですよね。


■今日は、大いに「心をリフレッシュ」しておきたい風の民さん。

昨日の「風」も風の民さんに、力を与える存在とはなっていましたが、人によっては、少々悪影響として現れた方も少なくないのではないでしょうかね。でも、今日の「風」は、すべての風の民さんにとって、大いに「心をリフレッシュ」してくれる爽やかな風エネルギーとなってくれるものと思っています。

今日は、絶対に「風の流れを感じる環境を作ること」「風を感じる一時(ひととき)を持つこと」を心がけてほしいものですね。外出する時間が少ない・・という風の民さんならば、今日は家の複数窓を全開としてみましょう。今日の「換気」は、良質な風エネルギーをお部屋の中に取り込むこととなりますので、お部屋の自然環境を整える絶好の機会となるかと思います。

もちろん、風の民さんだけでなく・・今日のお部屋の換気は他の自然民族さんにとっても、良き影響となるものに。


■身体的なリフレッシュを意識しておきたい、風族さん。

同様に、風族さんにとって、今日は「身体のリフレッシュ」をする絶好の自然環境となります。そのためには「風の流れを感じる環境に身を置く時間を増やすこと」が最大のポイントとなります。「公園」や「樹木のコカゲ」など木々の緑と共に、風の流れを感じることが出来るスポットでしばらく時間を過ごしすことが出来れば、身体の大きなリフレッシュを得ることが出来るものと思っています。

外で過ごす時間を確保できないのであれば、風通しの良い場所で仕事や家事をするように心がけてみたいものですね。


posted by poppo at 10:28 | Comment(2) | 自然現象・自然環境

2016年05月04日

自然エネルギー移行期間の最終日!水・風・火の大きく変動する自然環境に。

5月04.jpg

本日4日は、おそらく自然エネルギー移行期間の最終日となるものと感じています。明日5日からは、5月風月が始動することとなりそうなんですね。過去記事にて、今回の自然エネルギー移行期間の特性・注意点などをお話していますが、本日は、まさにそんな要素がてんこ盛りの自然環境となっています。(笑)

今回の自然エネルギー移行では、基本が「水」から「風」への移行なのですが、背景に「火」が存在していることから、「水」「火」「風」が三つ巴で変動する(威力を有する)環境となることが推測出来ていました。そんな環境の集大成ともなったのが、昨日3日〜本日4日の移行期間終盤ということになります。


■3日「新潟〜石川周辺」など日本海側で夏日に。

まず、「火エネルギーの変動」が強く表れたのが、「新潟〜石川周辺」など日本海側地域です。これは、今年の火エネルギーが「火陰エネルギー」であることも関係しているんですよね。火陰エネルギーは、日本の地域性で考えて見ると、「日本海側地域」で増大しやすく、影響力を表しやすい自然エネルギーとなります。

日本海側地域は、「陰の自然エネルギー」が主体となりやすいエリアだからなんですね。それゆえに、昨日3日は・・なんと、新潟などで「32℃を超える」ような夏日になった地域もあったようなんです。(汗)火陰エネルギーが増大&変動した結果として現れた自然現象と言えそうですね。

同時に、これらの地域では、「雨」と「暴風」も存在していたことも忘れてはいけない要素となります。短時間の間に「水」「風」「火」のエネルギーが入れ替わりつつ、変動・威力を発揮したこととなります。


■「水」「風」「火」の変動が本日4日太平洋側で。

そんな激しい自然環境変化が、昨夜から本日にかけて、今度は太平洋側地域で表れてくることとなっています。関東周辺では、夜中に「強い雨(水)」がもたらされるとともに、「暴風(風)」も吹き荒れていましたからね。強い風エネルギーが、水エネルギーを活性化させる環境となっていました。夜中には・・。

で・・。朝方になると雨は止んだのですが、強い風はそのまま。現在は一転して、「火陰エネルギー」が活性化される方向で推移しています。急激に火陰エネルギーの威力が高まってきており、おそらくは午後へ向けて、気温もかなり上昇していくのではないでしょうかね。

自然エネルギー移行期間の最終日となって、まさに今回の自然エネルギー移行の特性に応じた状況が、短時間の間に表れてきたこととなります。


■自然民族さんへの影響。

これほど短時間に大きな自然エネルギー変動がありましたからね。どうしたって、各自然民族さんへの影響は避けられない状況となっています。特に。

風の民さん
火の民さん
水の民さん

風族さん
火族さん
水族さん

は、すでに自然環境から強く影響を受けているものと思われます。その影響が良き方向で表れるのか、それとも悪しき方向で表れるのかは、各自の自然エネルギー状況によって変わることとなります。まあ、今日の状態を見て、単純に今の自分自身の自然エネルギーバランスの良し悪しを判断することが出来るかもしれませんね。



posted by poppo at 10:07 | Comment(0) | 自然現象・自然環境

2016年04月12日

今週(12日〜15日)の自然環境推移。水・火・風の拮抗状況。

3月05.jpg

4月半ばに向かって、「水陰エネルギー」が急激に増大しています。今週は本格的な「水陰月」となりそうですね。昨日、強風が吹いた地域も多かったのではないかと思いますが、この強風をもたらした「風エネルギー」は、「水陰と火陰エネルギー」の関係性によって、創出された要素なんですよね。

今年の4月の特徴を良く表している出来事と言えそうです。


■水陰エネルギーと火陰エネルギーの拮抗環境。

今週・来週は、「水陰エネルギーと火陰エネルギーの拮抗環境」となるものと推測しています。常に両方の自然エネルギーが威力を有した自然環境ということですね。

水エネルギーと火エネルギーは、相反する力を有した「抑制関係」の自然エネルギーです。ゆえに、ちょっとしたバランスの変化によって、「水エネルギーの影響」が強まったり、逆に「火エネルギーの影響」が強まったりするんですね。

実際の自然エネルギー量としては、さほど変化は無くとも、自然エネルギーの影響は、大きく変動しやすい環境となるのです。

ゆえに・・。どうしても、「火の民さん」「水の民さん」「水族さん」「火族さん」は、これからの季節、自然環境の影響を大きく受けることとなるものと思われます。ただし、ハイブリッド民族さんとなる、「火の民水族さん」と「水の民火族さん」だけは、自然環境から、常にバックアップを受けることが出来る状況となるものと思っています。

といいますか・・。今の自然環境は、火の民水族さんと水の民火族さんにとっては、自分の特性を十二分に発揮できる自然環境となるんですね。他の水の民さん&火の民さんたちが、「変化に戸惑いやすい」のに対して、存分に自分の特性を活かせる環境となるのです。


■今週(12日〜15日)は、水・火・風が拮抗状態に。

今週(12日〜15日)に関しては、火・水の拮抗に加えて、風エネルギーも同程度の威力を有する状況となるものと考えています。「火・水・風」が三つ巴で拮抗状態となるんですね。というのも、「火エネルギーと水エネルギーが共に威力を増すことによって、その関係性の中から、風エネルギーが創出されるから」なんです。

ゆえに、ちょっとしたバランスの変化によって、「水エネルギー優位」「火エネルギー優位」「風エネルギー優位」の状態が目まぐるしく変化する可能性があるということ。火の民さん・水の民さん・風の民さん&火族さん・水族さん・風族さんは、『時間単位(午前午後、昼夜など)』で自然環境からの影響内容が変化する可能性があるのです。

結果の良し悪しは、本人の心がけ次第(思考・行動)。いずれにしても、「目まぐるしさ」を実感しやすい期間となりそうです。

posted by poppo at 10:21 | Comment(0) | 自然現象・自然環境

2016年04月01日

2016年4月の自然環境傾向!火陰年+水陰月。

桜07.jpg

前回記事で、私がようやく「今年は火陽年・・」などと度々書き間違いしていたことに気が付いたというお話(訂正)をさせていただきましたが、それに気が付いたのも、今回の記事(4月の自然環境傾向)を書いていこうというと準備(話題の準備)をし始めたからなんですねぇ。(汗)。案外身近に気が付いていない「間違い」などは多々潜んでいるものなんですねぇ。...( = =) トオイメ(笑)


■2016年4月の自然環境。火陰年+水陰月。

さて、今月4月の自然環境は、「火陰年+水陰月」という環境となります。先月3月は、「火陰年+水陰月」だったため、火エネルギーと水エネルギーが交互に活力を増すような環境となるとともに、拮抗状態となる日も度々あったわけです。「暑さと寒さ」も交互に訪れる期間となりましたしね。

今月(4月)はというと・・。陰陽は同じ「陰の環境」となります。「陰の要素」が高まりやすい自然環境となるんですね。3月は、「表に水エネルギー、背景に火エネルギー」といった状態となりやすかったのですが、4月は、同質(陰)のエネルギー環境となりますので、「根底に火エネルギーと水エネルギーが威力を有する形で存在する」・・そんな自然環境となるものと考えられます。

「火と水エネルギーが交互に主を担う」のではなく、4月は「火と水エネルギーが常に背景に活力を持って存在する」自然環境となるということ。火エネルギーと水エネルギーの影響が同時に働く自然環境となるのです。


■4月の自然民族さんの運気傾向。

簡単に言えば3月は、火エネルギーの影響が強まる日もあれば、翌日は水エネルギーが強まる日となる・・といった形で、水と火が交互に影響を及ぼすような環境となっていました。ゆえに、特に、火の民さんと水の民さん(火の民水族さんと水の民火族さんは除く)は、運気の変化も激しく、思考の変化なども目立つことが多かったのではないかと思っています。

火族さんと水族さんは、自然環境による影響としての「体調変化・変動」がやや激しくなりやすかったのではないでしょうかね。

今月4月は、日による変化は、少なくなり、基本的には常に「水エネルギーと火エネルギーが同時に影響を及ぼす自然環境」となりそうです。ある意味、安定感のある自然環境と言えるんですね。ただ、「水エネルギーと火エネルギーは抑制関係」となる自然エネルギー同士。常に、アクセルとブレーキが同時に働いているような状態と考えることもできるのです。

ゆえに

火の民火族さん
水の民水族さん


は特に、アクセルとブレーキを同時に使用しているような状況となりやすいことに。具体的な要素としては、「心身の疲労度」が高まる可能性が考えられます。ですから、「自然エネルギー不足」は、大きなダメージを残すことに繋がりますので、意識的に「自然エネルギーの補給(火の民さんなら、火エネルギー。水の民さんなら水エネルギーを。)」を心がけることが、今月のポイントとなるものと思われます。

火の民風族さん
水の民風族さん
風の民火族さん
風の民水族さん


も同様の傾向があることは、念頭にしておいていただければと思います。

次回へ続く。
タグ:自然環境
posted by poppo at 07:00 | Comment(0) | 自然現象・自然環境

2016年03月28日

現在、自然エネルギー環境は「水陽エネルギーから水陰エネルギーへ」と変化中。

桜04.jpg

水エネルギーが威力を有した環境が続いています。それゆえに、桜の開花の足取りは、”ゆっくり”としたものとなっているようですね。個人的には、一気に咲いてしまうよりも、徐々に桜が花開いていくほうが、いいかなぁ〜と感じているところです。


■自然環境は、「水陽」から「水陰」へと変化中。

すでに、月の自然エネルギー環境は移行期間を迎えています。ただ、今回は同じ水エネルギー環境が継続する形となりますので、自然環境はわりと安定感のある状態で推移するものと考えています。自然エネルギー環境も大きな変動などはなく推移するかと。

3月は、水陽月でしたが、4月は水陰月となります。現在すでに水陽エネルギーから水陰エネルギーへの移行が進んでいる過程。陰陽の変化中です。基本的には、ほとんどの自然民族さんは、特別な影響は無く、移行期間を過ごせることとなりそうです。

多少影響があるのは、水の民さんと水族さん。

「陰陽変化」が影響しますので、いままで隠れていた事象・要素(隠していた要素)が表面化してきたり、逆に表面的な要素であったものを「潜在化(心や体の奥底に忍ばせる)」させるような形で推移しやすくなるものと考えています。簡単に言うと、「隠し事などがばれやすく」なり。「心や体に受けた衝撃を抱え込みやすく」なるということです。

ただ、水の民さんの「運気」自体は良好な状態で推移。心のエネルギーはわりと充実した状態で過ごせる日が多くなりそうです。


■「水陰エネルギー環境」は4月5日頃から始動。

今回の自然エネルギーの移行は、4月5日頃には完了するものと推測しています。ゆえに、水陰エネルギー環境は4月5日頃から始動していくこととなりそうです。「水陰月の特性・傾向」などは、またあらためて記事として、お話ししていきたいと思っています。

ただ、事前にひとつ意識しておきたいのが、すべての自然民族さんに共通して「4月は潜んでいた身体的な不具合要素」が表面化しやすい環境となるということ。良く春先は、体調が崩れやすいといいますが、それは単に「気温変化」によるものというよりも、「水陰エネルギーの影響」が生じるからと言えるんですね。

主に、冬の期間に抱えてきた要素(ダメージやストレスなど)が一気に表面化(吐き出される)季節となるのです。これは、ある意味とても大切な出来事でもあるんですよね。冬に抱えたものを春に放出することで、夏へ向けての心身準備が始まることとなりますので。

posted by poppo at 09:51 | Comment(0) | 自然現象・自然環境

2016年03月14日

先週後半から続く、「水の浄化」。「浄化&沈静」が必要な自然環境となっているのかも。

3月02.jpg

先週中ほどから、急激に水エネルギーが増加してきています。3月の水陽環境が足早に進んでいる印象ですね。ただ、ちょっと極端な「自然エネルギー環境推移」と感じていますので、少々自然環境にて、「水エネルギーの力(特に水の浄化力)」を必要とする状況が存在(9日〜14日)していたのではないかと思っています。


■「浄化力」の強い自然環境に。

現在は「水の浄化力」が強い自然環境となっています。今日は、そんな浄化力がさらに高まってきているようで、関東周辺でも夜になると少々の降雪があるかもといった天気予報となっていますからね。

先週前半には、神獣である龍族が人里に来訪してきました。特に水属性の龍(青龍など)が都心部にも訪れてきていましたからね。青龍たちの訪れによって、水エネルギーが豊富に供給。9日以降の自然環境に影響を与えていたように感じています。


■3月11日に合わせて、「放射線に満ちた環境」を浄化に?。

個人的な想像ではありますが、先週3月11日を中心として、水エネルギーが高まり、「水の浄化力」を発揮する自然環境へと推移してきたこと。そんな水エネルギーを青龍たちが運んで来て、風属性の龍たちが風エネルギーによる「活性化」を加えていたとするならば・・。収束どころか、まだまだ放射性物質が自然界に垂れ流しとなっている状況を憂いて、自然の浄化力をもたらしてくれていったのかも・・。

そんな風に捉えることもできそうです。だとすれば、「放射性物質の影響」は時間経過とともに減衰していくどころか、現状は影響力が増している?!と言うことになりそうなので・・それはそれで、深い課題が現存していることに。う〜ん。

まあ、ここまでの「水の浄化力の高まり」は、また別の可能性もありますからね。ただ、いずにしても、「浄化or沈静」が必要な自然環境で推移しているものと理解しています。


posted by poppo at 09:36 | Comment(2) | 自然現象・自然環境

2016年03月01日

2016年3月に豊かな自然エネルギーを感じさせてくれる景観「紅梅」

梅02.jpg

自然エネルギーの移行期間真っただ中です。今日から3月となりましたが、自然環境のほうも、優しさ溢れる「水陽エネルギー」がこれから急激に増加していくこととなります。今年は背景に火陰エネルギーが存在している自然環境ですから、水陽エネルギーの増加に伴って、同時に風エネルギーも増大していくこととなるものと推測しています。


■今週後半は、花々の芽吹きが加速してくるかも。

土陰エネルギーから水陽エネルギーの変化の中で、「生命の育み」が促進されていくんですね。さらに今年は、そこに風エネルギーの「活性力」が加わっていきますので、まずは春の花々の芽吹きが急激に加速していくのではないかと推測しています。おそらくは例年よりも、速足で、春の花々の開花が進んでいくのではないでしょうかね。


■今年の3月に豊かな自然エネルギーを携える自然景観「紅梅」。

今年の自然環境を考えると、2016年3月において、豊かな自然エネルギーを携える自然景観となるのが「紅梅が咲く景観」と思っています。赤色が濃い紅梅ほど、今年の自然環境に応じた状態となっていると推測できますので、良質な自然エネルギー環境を作り出してくれていると言えそうです。

「寒桜」などもすでに開花しているところもあるかと思いますが、赤色が濃い寒桜ほど、良き自然エネルギー環境を創出していると言えます。「暖かな気持ち」や「ちょっとした勇気」などを与えてくれるミニパワースポットとなってくれるかもしれませんね。

「3月の紅梅景観」は、水の民火族さん・火の民水族さんにとって、とても大切な自然エネルギースポットとなってくれるような気がしています。



タグ:自然環境 3月
posted by poppo at 10:59 | Comment(0) | 自然現象・自然環境

2016年02月23日

今週末には、自然エネルギーの移行がスタート。「土から水へ」

梅01.jpg

今年は閏年だっんですね。今年も2月は今週を残すのみと思っていましたが、まだ来週一日だけ2月が残っていました。(笑)それでも、今年は「春の訪れ・変化」を実感するのが早いものと思われますので、時の流れも同時に早く感じてしまいそうです。


■今回の自然エネルギーの移行は?

今回の自然エネルギーの移行は、「26日頃」から始まるのではないかと推測しています。2月の土陰エネルギー環境から、3月の水陽エネルギー環境への移行となります。「2月26日〜3月5日頃」までが自然エネルギー移行期間となりますでしょうかね。

「土から水への移行」となりますので、今回は少々自然環境に変動が生じやすい期間となりそうです。「不安定さ」は高まらないものと思っていますが、自然エネルギー自体の変動は激しくなるものと推測しています。


■「水+土」の組み合わせは、「育み」「誕生」の創出も。

今回の自然エネルギー移行期間中は、水エネルギーと土エネルギーが双方威力を高める自然環境となるものと推測しています。この「水と土が威力を有した自然環境」では、『育み』『誕生』をキーワードとした出来事が生じやすいのがポイント。そういう意味では、「何か新しいことをスタートする」のに適した期間となりそうです。

特に

水の民土族さん
土の民水族さん
土の民風族さん

風の民土族さん


にとっては、「新しい出来事のスタート」「何かを育み始める日」とすると、今後へ向けて大きな成果を得られることに繋がっていくのではないでしょうか。
posted by poppo at 10:17 | Comment(0) | 自然現象・自然環境

2016年02月19日

春は花粉が舞う季節。花粉症と自然エネルギーの関係性。

花粉01.jpg

今年は、火年ですからねぇ。2月の季節に5月・6月並の暖かさを感じる日が度々訪れて来ています。今日もそんな一日となりそうですね。今年は、「春季節が前倒し」といいますか、暦に沿った季節感で推移しています。

ゆえに、「花粉症」もどうやら始まりつつあるようですね。昔は、季節の中では、「春が好き」と感じていた方も、花粉症の発症とともに、「憂鬱な春」となっている・・・そんな人も増加傾向となっているのかもしれません。


■「花粉症」を自然エネルギー視点で考えると・・。

「花粉症」という現象を自然エネルギー視点で考えてみると、やはり主体となっている自然エネルギーが「金エネルギー」となります。基本的には、『金エネルギーの過剰』が花粉症に繋がっているのてばないかと推察しています。

ですから、自然エネルギー環境的には、「金エネルギー月」と「水エネルギー月」が花粉症のピークを迎えやすいといいますか、花粉症が生じやすい季節となります。月単位で考えると「3月・4月の水月」及び「6月の金月」が花粉症がひどくなりやすい時期と考えられるんですね。

「12月」も金月なのですが・・さすがに花粉症の元となる「花粉」が存在していない季節ですので、花粉症は生じにくいという月となっています。


■「花粉症」になりやすい自然民族タイプ。

花粉症のなりやすさ、なりにくさは主に身体エネルギー特性に関連しているものと考えられます。花粉症が「金エネルギーの過剰」によって生じやすい症状だと考えると、まず、単純に花粉症となりやすい傾向があるのが、「金族さん」となります。

また、身体エネルギーバランスとして金エネルギーを二番目に多く有している、「水族さん」「風族さん」も花粉症を生じやすい自然民族さんとなりそうです。

ただ、金エネルギーを削減する力を内在している、土の民金族さん、土の民水族さん、土の民風族さんは、同じ金族・水族・風族の中でも、花粉症にはなりにくい傾向があるんですね。


■「花粉症」になりにくい自然民族タイプ。

逆に花粉症になりにくい(耐性がある)自然民族さんは、金エネルギーを削減する力を有する土エネルギーを豊富に有した自然民族さんとなります。そう・・最も耐性が高いのが「土族さん」。よほど、身体エネルギーバランスが崩れない限り、花粉症とはなりにくい(なったとしても、症状が軽い)傾向があります。

また、身体エネルギーバランスとして土エネルギーを二番目に多く有している自然民族さんの中で、「火族さん」「風族さん」は、花粉症への耐性が高いことになります。風族さんは、二番目に多く有している自然エネルギーが何かによって、花粉症のなりやすさに正反対のタイプが存在することとなるわけです。

そう、「風族さん」は、二番目に多い自然エネルギー種類によって、身体的な特性が大きく異なる傾向がある・・・それが風族さんの特徴ともなるのです。


posted by poppo at 09:44 | Comment(2) | 自然現象・自然環境

2016年02月09日

今週後半(10日〜13日)は、風エネルギーが増加する自然環境に。

自然03.jpg

今週は、着々と火陰エネルギー及び土陰エネルギーが増加していくこととなります。そんな中2月という季節は、まだまだ寒気が流入してくる日が多い月で、寒気とともに水エネルギーの流入も多くなりやすい時期なんですよね。

ただ、今年は火陰年ですので、単純に水エネルギーが威力を増して、水の特性が表面化するということにはなりません。どちらかというと、火エネルギーがもう少し増加していけば、「火と水が拮抗」するような状況も生まれやすいことに。その結果として、「風エネルギーが創出される」ことが推測できるのです。

抑制関係(火と水など)の自然エネルギーに共に威力を有したとき、その間で、風エネルギーが創出されるのです。現在、徐々に年の火エネルギーが増加してきていますので、今週後半(10日〜13日)は、火と水の拮抗環境となりそうな気配。ゆえに、風エネルギーが増える自然環境となるものと推測しています。

自然現象としては、もちろん風がやや強く感じられ日も多くなるかもですね。


■活力を増す自然民族さんは。

そんな自然環境となることを前提として考えると、今週後半(10日〜13日)に活力を増してくると思われる自然民族さんが下記となります。

風の民「水族」さん
風の民「火族」さん
風の民「土族」さん

火の民「水族」さん
水の民「火族」さん


です。

本来ですと、2月は土陰環境ですからね。土の民さんも活力ある状態となるのですが・・今週後半にかけては、風・水・火といずれも「流れ」「揺らぎ」が特徴の自然エネルギー。安定感のある土の民さんは、逆に言うと、「融通性に劣る」といいますか、「揺らぎに対する順応性に欠ける」ことから、土の民さんならではの特性は活かしにくい自然環境となるのです。

流れ・揺らぎに対する順応性を有している上記5つの自然民族さんが自然環境に適した状況となるということです。





タグ:自然環境
posted by poppo at 10:58 | Comment(0) | 自然現象・自然環境

2016年02月05日

暦に合わせた春の訪れ。今年の春は早々と深まっていきそうです。

モクレン01.jpg

昨日、自然エネルギー移行が無事に完了。本格的に「火陰+土陰エネルギー環境」がスタートとなりました。本当の意味(自然環境的)で2016年の火陰年の始まりとなります。

近年、どちらかというと「暦」と「季節感」には、大きな相違が生じるようになっているんですよね。まあ、これも特別なことではなくて、年によって、主体となる自然エネルギーが変化しているわけですから、その年ならではの季節推移があるのが当たり前のこと。毎年同じ暦を使っているのであれば、相違が生じてくるのが当然ではあるのです。

でも、今年はどうやら、暦と季節感がリンクした形での始まりとなりました。昨日は立春で暦の上では、春が到来したこととなります。近年は、どちらかというと「2月は本格的な冬」と感じる状況のほうが多かったのですが、今年は、季節感的にも、昨日から春を感じる環境となりました。

とても穏やかで、なんとなく余分な要素の無い静けさといいますか、春ならではの空気感も多少感じることができましたしね。

特に、「木蓮」などの木々達が「さぁ〜いよいよ芽吹くぞぉ〜」と言っている言葉が聞こえるような情景がありました。植物たちも春と認識したのかもしれませんね。(嬉)


■今年は春の深まりも早いかも。

もちろん、まだ2月ですからね。「寒さ」を強く感じる気候・気象環境となる日もまだまだ訪れてくるのでしょうが・・・それでも、今年は2月から徐々に春が深まっていくのではないかと感じています。植物たちがそんな表情を見せていますので。

今月は、「春の足音」を感じる日も時折あるのではないでしょうかね。もしかしたら、今年は、今後も暦とリンクする形で季節が移ろいで行くのかもしれません。となるのであれば・・今年は、「季節行事がとっても盛り上がる」ことになりそうですね。各種季節行事に、相応しい季節感が加わることで、風情が増すのではないかと思うのです。個人的にはちょっと楽しみな要素のひとつに。


posted by poppo at 09:39 | Comment(0) | 自然現象・自然環境

2016年02月02日

2月序盤の自然環境は、「火+土」が縁の下の力持ちに。

自然02.jpg

自然エネルギーの移行期間も最終段階を迎えています。2016年の「火陰エネルギー」への移行はほぼ完了したかなぁ〜という状況ですし、2月の「土陰エネルギー」への移行もあと少しといった状況。本当に新たな自然環境の始まりですね。

■火陰&土陰エネルギーは縁の下の力持ちに。

本来であれば、年と月の自然エネルギー環境が変化するときに、自然環境の変化を多くの方が実感できるものなんですよね。ただ、今年は、年のエネルギーも「陰」。月のエネルギーも「陰」という組み合わせとなっています。ゆえに、どちらもあまり表面的に表れにくいといいますか・・基本的には、『縁の下の力持ち』といった形で自然環境の土台を構成する形となっています。

「火陰&土陰エネルギーが土台を形成している自然環境」なんですね。現在は、その上に水エネルギーが乗ってきたり、風エネルギーが乗ってきたりしている状況です。ですから、表面的には、なかなか火陰&土陰環境を直接的に感じにくいのかもしれませんね。でも、着実に今、火陰&土陰の土台が完成しつつありますので。


■2月に体調・身体的パワーが良化傾向となる「水族」「火族」「土族」。

火陰&土陰エネルギーの土台が築かれると、その基盤はとても強固なものとなります。そんな自然環境の影響を受ける形で、体調&身体パワーが徐々に良化傾向を辿っていくと思われるのが、「火族さん」「土族さん」です。また、今月、火陰&土陰の土台の上に乗りやすいのが、水陰エネルギー。そんな水陰エネルギーの影響も生じますので、「水族さん」も体調&身体パワーが良化傾向となっていくものと推測しています。

急激な変化ではありませんので、あくまで徐々に・・着実に身体パワーが育まれていくといった形で推移するものと思います。

ここまで、体調的な不安や身体パワー不足を感じていた火族さん・水族さん・土族さんの場合、2月序盤の「4日〜10日」の期間に身体的な不安が良化傾向へと転じていくのを感じることができるようになるかもしれませんね。この変化も、まずは潜在的な部分や基礎となる部分から現れてきますので、自覚することは少し難しいのかもしれません。でも、着実に根幹部分から変化が生じていくことに。






posted by poppo at 10:44 | Comment(0) | 自然現象・自然環境

2016年01月26日

自然エネルギーの移行期間へ「26日〜2月4日」

冬山01.jpg

1月も最終週となり、今日から、どうやら自然エネルギーの移行期間に突入することになりそうです。1月は「土陽エネルギー環境」でしたが、2月の「土陰エネルギー環境」への移行ということになります。今回は同じ土エネルギーへの移行ですので、自然環境的には移行期間中大きな変動や不安定さは、生じにくいものと考えています。


■2月土陰エネルギーの特性

1月に続いて、2月も土月となりますので、来月2月は1月よりも、土エネルギーの威力が増した自然環境となるはずです。さらに、今月と異なるのは、土陰月となりますので、「内面的要素」「潜在的要素」「本質的な要素」に影響を与える土エネルギー環境となるんですね。

自然要素でいうと、「地殻内部の力(プレート活動)」「山々が内在している土エネルギー」などが増してくるものと思われます。「地殻内部の力」と表現しましたが、「プレートの動き」とはちょっと意味が異なります。「プレートの動き」に関連する自然エネルギーは風エネルギーですので、土陰エネルギーはあくまでも、地殻が内包している力(エネルギー)を増す作用があるという意味となります。

自然現象でいうと、地震誘発力が加わったり、風の活性化が加わったりと、地震発生の条件が整ったときには、わりと威力のある(規模のある)断層型地震となりやすいのが、2月の土陰月となるのです。

人への影響に関しては、身体的には「骨」「筋肉」といった骨格・肉体を構成する主要素に影響が生じやすいのが、土陰環境なんですね。土陰エネルギーをしっかりと享受していくことができれば、骨格・筋肉を丈夫に育みやすい自然環境となります。

反面、もともと骨格や筋肉に何かしら不具合を内在していた場合には、その不具合が表面化してくる傾向となります。2月の土陰月に骨格や筋肉に関連する違和感を感じることがあれば、それをスルーしてしまうことなく、しっかりと点検しておくと、身体改善を図る上で最適なタイミングともなりますので。


■土の民さんは、自然エネルギー移行期間中に精神的な不安定さが生じてしまうかも?!

土陽エネルギー環境から土陰エネルギー環境への変化に関連して、土の民さんは、少々「過剰」の影響が表れやすいかもしれません。もしかしたら、すでに先週中過ぎあたりから、精神的な変動の影響で、風邪をひいてしまったりと体調を崩してしまっている土の民さんも多いのかもしれませんね。

今年は火陰年ですので、どうしても1月・2月と土の民さんにとって、土エネルギーが過剰となりやすい環境となっています。意識的に土エネルギーを発散・消費していくことが、(精神的な活動、思考することを楽しむ時間を増やすなど)体調を崩すことなく、良き運気で過ごす上でのポイントとなります。

まあ・・いずれにしても、多少は、土の民さん自身が普段、自覚できていないような「自分自身の陰の要素」を他人から知らしめるような出来事があったり、自分で認識(自覚)するような状況が訪れることがあるかと思います。土の民さんって、実は案外、「自分自身の本質」を自覚できていない傾向がありますので。(笑)

時折、土の民さんは他人から衝撃的な事実(土の民さんに関する本質的な要素)を示されることが、とっても重要な要素となっていたりするもの。2月は、そんな時期となりそうです。



posted by poppo at 11:10 | Comment(6) | 自然現象・自然環境

2015年12月01日

12月金月の到来!私(土族さん)にとって恐怖の静電気の季節が訪れてきました(笑)

ウール01.jpg

今日からいよいよ12月に突入です。自然環境としては、まだ本格的な金エネルギー環境とはなっておらず、自然エネルギー移行期間の後半となっています。本当の意味での金エネルギー環境は、5日頃から始まってくるといった感じでしょうか。


■金月を憂鬱に感じる土族さん(私)・・(笑)

一年の中で、金月は、「6月」と「12月」の二回あるわけですが、同じ金月といっても自然環境特性には、少々違いが存在しているんですよね。「6月」は、電磁波や紫外線といった要素が威力を増す環境となりやすく、「12月」は、乾燥傾向と電気(静電気)が威力を増す環境となりやすいのです。

で・・・まったく個人的な話なんですどねぇ。

私は風の民「土族」さんなのですが、基本的に土族さんは、どうしても金エネルギーの影響によって、身体エネルギーが弱体化させられる傾向があるわけです。また、こちらも原則的には、金エネルギー要素に対して、苦手意識(実態は身体的な苦手です)を有する特性があるのです。

そう・・私は、まさに12月の金月・・・静電気が恐ろしくて、恐ろしくて・・(苦笑)。

ほんのわずかな静電気が生じただけでも・・何故か体は大げさに反応してしまうんですよ。「ビクゥ〜ぎゃ〜」って。(笑)特に、お店でお買い物をしている時などレジ係の方には、大いにご迷惑をおかけしてしまうことが・・。この場で先に・・申し訳ございません。今年もきっとご迷惑をおかけします。m(__)m


■土族さんは、身体に少しでも蓄積された静電気をしっかりと排除(開放)しておくことが重要。

そんな土族さんは、静電気を少しでも身体に蓄積しておくと、それが身体的な悪影響を招く要素となりやすいのです。ですから、小まめに、静電気を開放してあげることを心がけるのが、今月・・金月を心地よく過ごすための重要な要素となるんですよね。

ちなみに、静電気を開放すめためには、案外「マンションや塀のコンクリート壁」に触れると良かったりしますよ。少々・・外出時に、コンクリート壁をちょくちょく触っている姿を見られるのは、気まずいような気もしますが。(笑)そんな人を見かけたときには、ぜひ、多めに見てあげてください。土族さんが必死に静電気を開放しているのかもしれませんので。(笑)

それとなんといっても、一番重要なのは、「湯船にしっかりとつかること」でしょうかね。シャワーだけでは、不十分、やはりお風呂につかることで、身体全体的に静電気が開放されてくれますので。土族さんは、この季節、お風呂にしっかりと浸かることを忘れないようにしたいものですね。


■恐怖の「ウール」「フリース」

静電気は、基本的に衣服から発生するものが大半です。個人的に、特に恐怖の衣服素材となっているのが・・・「ウール」と「フリース」です。(泣)

とはいえ、素材単体で静電気が発生するわけではなく、「異なる素材の組み合わせ」によって静電気は発生するものですので、ウールを着用するときには、静電気が発生しにくい素材の組み合わせでコーディネイトすればいいだけのことなんですけどね。

でも・・なかなか、衣服の素材組み合わせをいろいろ考えるのが・・面倒なんです〜〜(笑)ゆえに、この季節になっても、なるべく重ね着をしないで過ごすのが、私の基本となっております。

■昔から、恐怖の冬アイテムとなっている「マフラー」

完全に個人的な出来事なのですが・・。12月の季節というと、「クリスマス」が控えていますよね。そんなクリスマスプレゼントの定番アイテムのひとつともなっているのが「マフラー」。このマフラーが・・わたくしにとっては、静電気の発生源となることが多く、子供のころから恐怖の対象となっていました。(笑)

ですから、子供のころからマフラーを使用したことはほとんど記憶に無いんですよねぇ。最初に記したように静電気はあくまでも、異なる素材感での摩擦で生じるわけですから、本当はマフラーを付けたからといって単純に静電気が発生するわけではないことは理解しているんですけどね・・。でも・・なんとなく・・。(汗)

人気の食&スイーツお歳暮特集!

posted by poppo at 11:09 | Comment(3) | 自然現象・自然環境

2015年11月30日

自然エネルギーの移行期間の後半(30日〜4日)の特性!

12月01.jpg

今日は11月30日。とうとう明日からは12月・・今年最後の月を迎えることとなります。毎年のことではありますが、時の流れは速いものですからねぇ。もう12月ですよ。(笑)

現在は、自然エネルギーの移行期間の真っただ中です。風エネルギーから金エネルギーへの移行で、昨日あたりは凪の状態。本日からは徐々に金エネルギーが優位な自然環境へと推移していくこととなります。本日を含めて、移行期間の後半は、金エネルギーの変動が激しくなりやすい期間となるんですね。


■自然エネルギー移行期間の後半(30日〜4日)の特性!

本日以降、12月4日までの間は、金エネルギーの変動が激しくなりやすい・・そんな期間となるものと考えています。今回はそこに風エネルギーの「活性力」も加わってきますからね。「金エネルギーの変動」の影響は強く表れやすいのです。

基本的に、自然エネルギーの変動が激しくなりすぎて、その影響力が高いときには、どちらかというと「悪しき影響」の方が生じやすいんですよね。今回は、金エネルギーの変動なので、金の民さんと金族さんにとっては、良き影響となって表れることもありますが、基本的には、「過剰」による悪しき影響に注意をしておきたい期間となります。


□精神的には、「イラツキ感」「ストレス」が増しやすい。

これは、過去記事でも触れていますが、精神的には、「イラツキ感」「ストレス」を感じやすい期間となりそうです。普段は、あまりイラツキ感・ストレスなどを感じない人でも、なかなか心穏やかにとは、過ごしにくい環境となりそうですね。


□身体的には、「痛み」が生じやすい傾向に。

身体的には何といっても、「痛みが生じやすい」のが最大の特徴となりそうです。特に突然の「歯の痛み」や「関節痛」「神経痛」「腰痛」といった神経と関連性の深い出来事が生じやすいことが推測できます。また、「細菌・ウィルス」などの影響も生じやすいことから、「細菌による化膿・炎症」なども表面化しやすいものとなりそうです。


□特に土族さんは、免疫力が低下しやすい傾向に。

中でも土族さんは、金エネルギー変動の影響によって、免疫力・抵抗力が低下しそうなんですね。ですから、様々な感染症(風邪など)にもかかりやすい時期となりますし、先ほど記した「化膿・炎症」なども生じやすいことに。土族さんは、特に『十二分な睡眠(良質な睡眠)』を得ることが、抵抗力UPに欠かせない要素となりそうです。


□土の民さんは、「忍耐力」「耐久力」が欠如しやすい
傾向に。


この時期は、土の民さんにとっては珍しく、忍耐力・耐久力が欠如しやすい時期となりそうです。精神的に、同じ状態を保ちにくいんですね。基本的には自然環境に逆らうのは得策ではありませんので、普段以上に小まめな休憩を挟んだ行動を心がけるのが吉に繋がることになりそうです。




タグ:自然環境
posted by poppo at 11:02 | Comment(0) | 自然現象・自然環境

2015年11月25日

11月25日〜12月4日の自然エネルギー移行期間。「風環境から金環境」へ

晩秋01.jpg

すでに兆候は昨夜から出始めたようですが、自然エネルギーの移行が始まったようです。今回は11月の「風環境」から12月の「金環境」への変化となります。移行期間としては「11月25日〜12月4日」が対象となりそうですね。

今回は、風エネルギーから金エネルギーへの変化ですので、移行期間中は自然エネルギー環境が不安定な状態となるものと考えています。背景に火エネルギー(年のエネルギー)も存在していますので。穏やかなお天気という日には、なかなかお目にかかることが出来ないのかもしれませんね。

基本的に自然現象がやや激しさを伴いやすい期間となるものと思っています。特に「強風」が吹きやすい環境なり、日中だけでなく夜間でも強風が訪れてくる日もあるかと。同時に風の活性力が激しくなりますので、各自然民族さんへの影響力も高まるものと考えています。


■自然環境の心身への影響が大きくなりそうな自然民族さん。

とにかく、今回の自然エネルギー移行期間中は、心身の”揺さぶり”が生じやすいものと思っています。特に風の民さん ・金の民さん は、自然環境からの影響を受けやすくなるかと。中でも・・。

風の民「風族」さん
風の民「金族」さん

金の民「金族」さん
金の民「風族」さん


は、心身ともに日々の自然環境変動の影響を強く受けることになりそうです。どんな方向で活性化の影響を受けるのかは、人それぞれかと思いますが、思いもよらない突飛な言動をしてしまいやすい傾向が現れてくることが推測できます。それが状況によっては、良き結果に繋がることもあれば(変化を生むなど)、悪しき結果に繋がることも当然考えられますしね。

いずれにしても、結果をコントロールすることは出来そうもありませんので、基本的には、普段よりも「言動を抑える」意識を持ったほうが良いのかもしれませんね。


■「イラツキ」「ストレス」に要注意!

自然エネルギーの移行期間中、すべての自然民族さんへ共通して生じやすい良くない影響として考えられるのが「イライラ感」「ストレス」でしょうか。

普段であれば、まったく気にならないことに対して、何故か「イラついてしまったり」「ストレス」に感じてしまいやすい・・そんな傾向が表れそうなんです。ですから、自分のことだけでなく、家族や仕事の関係の人々などの言動が「イラついているな」と感じたときには、それが本心というわけではなくて、自然環境の影響を受けてしまっているんだなぁ〜と思ってあげることも、良き関係性を保つためのポイントとなるのではないでしょうかね。



posted by poppo at 10:01 | Comment(0) | 自然現象・自然環境

2015年11月12日

本格的な「風陰環境」の到来。人の本質が表れやすい環境に!

影01.jpg

本日も風陰エネルギーが主役となっています。本格的な風陰環境が訪れてきた・・そんな印象を受ける自然環境となっています。


■風陰エネルギーの影響を受けやすい自然環境に。

すべての自然民族さんが本格的に風陰エネルギーの影響を受ける自然環境となってきました。今月(火年+風陰月)の特徴をひとつあげるとすると、『人の情に関連する本質が無意識に表れやすい環境』と言えそうです。

ここでいう「本質」というのは、人生経験を重ねる中で学び・蓄積してきた要素ではなく、どちらかというと各自然民族さんが生まれ持ってきた「感性」「心」を意味しています。基本的に人の性格・心の特徴というのは、「生まれ持っている要素」+「学び得た要素」にて構成されています。

ですから、「本質」という言葉を使用してしまうと・・生まれ持ってきた要素だけが、本当のその人の性格・心であると思ってしまいがちですが、そうでは無いのです。このことは、大前提として、ぜひ認識しておいていただければと思います。

その上で、今月・・これからの時期は、「人が生まれ持ってきている要素」・・しかも、「情」に関する要素が表面化しやすい環境となるということなんですね。普段、自分が生まれ持ってきた要素を表に出して、表現している自然民族さんの場合は、特に自然環境による影響は受けない(影響が見えない)わけですが、生まれもった要素を潜在化している自然民族さんの場合には、普段とは異なる「情の要素」が表面化することになるということです。


■火エネルギーに関連した情の要素


自然エネルギー的に言うと、「火エネルギーに関連した情の要素」が表面化しやすくなります。主に「愛情」が対象となりますでしょうか。”愛情”にも様々な種類が存在しています。例えばで分類すると「恋愛の愛情」「家族愛」「人類愛」「生命・自然全般への愛情」となりますでしょうか。

簡単に言ってしまうと、愛情には、「対象となる相手の数」による分類ができるということです。『恋愛<家族<人類<生命・自然』の順番で、愛情を感じる対象数が多くなるわけです。

これからの季節、風陰環境の影響によって、表面化してくる本質要素の代表となるのが、この「愛情の種類」なんです。平たく言うと、その人が本質として抱えている愛情は、「恋愛」なのか「家族的愛」なのか、それとも「人類愛」・・「生命・自然愛」なのかが、わかるということ。

この違いが、それぞれ個々の言動に現れてくることになるのです。

sale02.jpg

posted by poppo at 11:04 | Comment(0) | 自然現象・自然環境

2015年11月05日

風陰エネルギー環境のスタート!

きのこ01.jpg

今朝になって、無事に自然エネルギーの移行が完了したようです。本日から、風陰エネルギー環境の始まりとなります。まだ、風陰エネルギーに強さはありませんので、今週後半に向けて、徐々に量が増していくこととなるものと思っています。

前回記事で、ようやく「本格的な秋」への移ろいが感じられるような感覚となってきたということをお話していますが、予定どおりに一昨日・昨日と神奈川周辺でも、葉っぱが色付き始めました。これらか、野草たちも、活き活きとした活動状態も終えて、冬支度へと転換していくものと思います。


■11月の風陰環境。

今年の11月は、背景に火年の影響がありますからね。火エネルギーは、量は少なくなったとしても常に供給が続く環境となります。ゆえに、本日もそうですが・・昨日のように、火エネルギー量が少し増すだけで、風による活性化を受け、火エネルギーが活性化された環境となるんですね。

個人的には、昨日・本日と「半袖シャツ」で過ごすこともできています。(笑)

今月は徐々に寒さが深まっていく・・という感じとはならずに、水エネルギーが多く流入してきた日だけが、極端に気温も低下。そうではない日は、寒さを感じることも少ない・・そんなパターンとなるのではないかと思っています。


■今冬は、「降雪の少ない」冬になるのでは?!

まだ、ちょっと気の早い話ではありますが・・。これから訪れてくる冬は、「暖冬」というよりも「降雪の少ない冬」となるものと推測しています。おそらく、来年も「火年」となるのではないかと思っていまして、そうなると、2年続けての火年となるんですよね。

自然環境的には、今年の火エネルギーが残存したまま、来年を迎えることとなりますので、来年はさらに年間通じて、火エネルギー量が多い年となることが推測できるのです。ゆえに、2015年12月〜2016年2月の冬期間にも、火エネルギーがわりと供給される自然環境が整うことに。

火エネルギーは、水エネルギーを抑制・弱める働きがありますので、冬期間を通じて考えると、「雪の量」は少なくなることが推測できるのです。気温に関しても、水エネルギーが流入した日は、もちろん低気温となり、降雪もあるかもしれませんが・・水エネルギーの流入が無い日は、雪解けしてしまうような日が多く存在するのではないかと推測しています。

ちょっと・・こんな自然の流れを念頭にしながら、今後の予定を見定めていくのも、楽しいものですよ。


posted by poppo at 11:17 | Comment(4) | 自然現象・自然環境

2015年11月02日

「11月〜12月」は2016年の運気を左右する時期に!

秋01.jpg

今日は、全国的に気温の低い雨模様となっています。今日は気温が低くなっていますが、気温状態は今月も変化の波があるもの。今日のように水エネルギーが多く流入してきたときには、気温が低く。逆に火エネルギーが増加してきたときには、気温もやや高めとなるのが、風月ならではの特徴ですので。


■秋気配を感じる自然環境に。

今日の気温の低さを感じたからではなく、昨日の自然エネルギー感覚から、感じた出来事なのですが・・やっと、「本格的な秋」を感じさせる季節が訪れてきたようなんですよね。もちろん、地域によって違いがありますので、関東周辺(神奈川)での話となるかもしれませんが、風陰環境への移行とともに、本格的な秋が訪れてきたといった印象です。

昨日の『空気感』が一昨日とは大きく変化していたんですよね。風の流れから感じる感覚が変化したのです。「あっ・・秋の風(空気)が流れてきた・・」と瞬時に感じましたので、風陰エネルギーが一気に増加傾向となってきたのでしょうね。私としては、昨日初めて「秋が来たんだなぁ〜」と実感することができましたので。(笑)


■まずは、緑色の雑草たちが冬支度へと転じていくことに。

わかりやすい変化としては、「雑草たち」の様相が変化することです。ここまでは、雑草たちは、まだまだ緑色のまま、元気を保って活動としいたんですよね。でも、やっと昨日、秋気配の自然環境が訪れてきましたので、今後は急激に葉を枯らして、褐色へと変化・・冬支度に転じていくものと思っています。

おそらくは、今週中には、一気に草花・樹木たちの様相が変化するのではないでしょうかね。同時に、草木から発散されていた自然エネルギーが急激に量を減らして、放出がストップとなるはず。草木からの自然エネルギーが感じられない環境となるのも、「秋の深まり」を思わせる要素のひとつですので。


■来年の運気を高め安定させるために、重要な要素となるのが「太ること」?!

まだ、来年の話に触れるのは早い感じもするのですが・・。でも、今の時期からしっかりと対応しておかなければいけない要素ですので、お話しておきたいと思います。

まだ、確定しているわけではありませんが、おそらく来年2016年は、「火陰エネルギー年」となるものと推測しています。となると、今年・来年と火エネルギー環境が2年続くこととなります。火年というのは、自然エネルギーを燃焼するのに適した環境なんですね。燃焼させることによって、推進力・行動力が生まれやすい環境となるのです。

で・・。来年が「火陰年」となったとすると、今度は「内面的な要素が燃焼される」「内面的な活力、動力が高まる」・・そんな年となります。ただ、ひとつ注意が必要なのが、2年続けて火年となるということは、すでに今年2015年も、かなり各種自然エネルギーが燃焼されてしまっている(消費)ということ。

もし、すでに枯渇寸前の自然エネルギー要素を有しているとしたら、来年早々に「燃料切れ(自然エネルギーの枯渇)」を招くこととなってしまいます。ひとつの自然エネルギーの枯渇は、自然エネルギーバランスを大きく崩す要素となりますし、全体的な運気及び心身状態が急激に暗転することを意味しているんですね。

そうならないために、重要な要素となるのが各種エネルギーの補給&蓄積なのです。特に「11月・12月」の期間は、秋の実り(自然エネルギーを十分蓄えた食材)がピークを迎える時。心身のエネルギーを同時に増していく上では、「食」から沢山自然エネルギーを補給することが最も有効な方法となるんですね。

えっ・・と思うかもしれませんが(笑)。簡単に言うと今年の11月〜12月の期間中に、様々な食材を沢山摂取して、「しっかり太ること」が、と〜ても大切な要素となるということなのです。この時期に、2015年火陽環境の秋の実りから自然エネルギーをしっかりと蓄えておくことが出来ないと・・来年2016年は、年間通して、心身状態・運気の流れがどうしても低迷・乱れがちとなってしまうことに。

これは、自然の摂理の1要素でもありますからね。今年はおそらく、すべての動植物たちが、11月・12月の期間に必死に太ろう(食からの自然エネルギー摂取)とするはずです。2016年を迎える上で、今月・来月はとても大切な時期となるのです。


posted by poppo at 10:19 | Comment(2) | 自然現象・自然環境

2015年10月26日

自然エネルギーの移行期間に突入「25日〜11月4日」。風陰環境へ!

紅葉04.jpg

昨日25日から自然エネルギーの移行期間へと突入いたしました。今回は、10月の風陽環境から11月の風陰環境への移行となります。同じ自然エネルギー種類のため、自然環境が大きく不安定さを増すということはありませんが、「風陽→風陰」への移行の場合は、他の自然エネルギーとはことなり、少し特殊な状況となります。


■風エネルギーの不安定さの増大の変動。

風エネルギーの陰陽変化の場合には、風エネルギーの変動が大きくなるとともに不安定さが増す傾向があります。風エネルギーの威力が増して、その影響力も荒々しいものとなりやすいということですね。

風エネルギーの場合には、他の自然エネルギーを活性化させる力があります。ゆえに、結果としては風エネルギーの影響力&威力が増すことで、他の自然エネルギーも強く活性化された自然環境となるということ。日によって、活性化される自然エネルギー種類も異なりますから、自然状況としては、日々めまぐるしい変化を生じる可能性があるわけです。

今朝は、各地で急激な冷え込みを観測したようですが、これなども風エネルギーの活性力が増す中で、水エネルギーが強く活性化されたことによって生じた事象となります。でも、時間経過に伴って、次にどの自然エネルギーが活性化されてくるのかはわかりませんからね。今回の自然エネルギー移行期間中は、間接的に自然環境の変動が激しくなるのです。


■風陰エネルギーの変動による影響。

自然エネルギーの移行期間中・・特に後半になると風陰エネルギーの変動が目立つようになることが推測できます。この風陰エネルギーの変動は「潜在している要素を表面化させる」そんな働きが強いものとなるんですね。

自然現象でいえば、特に「地震活動(潜在していた地殻のストレス)」が表面化しやすい環境となります。地殻内に潜在している圧力ストレスが開放されやすいんですね。圧力ストレスが開放されるということは、地震活動が発生することを意味していますので。

各種自然民族さんへの影響としては、潜在している「感情・気持ち」が表面化すること及び潜んでいた身体の不安要素が表面化することとなります。自分でも気が付いていなかった要素が表面化しやすい期間を迎えることになるんですね。自分でも知らず知らずのうちに蓄積していたストレスなどが自覚できるようになってくるわけです。

これは上手く活用すると、心身のバランスを取り戻すための絶好の機会ともなるわけです。心や身体の歪を見つけることができるわけですからね。その存在が自覚できれば対処も十分可能となるのですから。

SANKYO NEWSTYLE COLLECITON 2015-2016 A/W
2015年秋冬新作コレクション


sale01.jpg

posted by poppo at 09:22 | Comment(0) | 自然現象・自然環境

2015年10月06日

安定的な風エネルギーながら、活性化力は高い自然環境。

赤トンボ01.jpg

10月の風環境となって、今週は本来であればやや粗さのある風エネルギー環境となるかなぁ〜と思っていたのですが、昨日・今朝とどうやらとても安定的な風エネルギー環境となっているようです。穏やかさすら感じる風環境で、風の民さんにとっては、なんとなく、気持ちが穏やかでいられる・・そんな自然環境となっています。私も嬉しい限りです。

ただ、風エネルギーの安定感があると同時に、「風の活性化力」もどうやらかなり強いようなんですね。気候的にも、昨日・今朝と水エネルギーが流入してきている「北海道周辺」では、少量の水エネルギーながら、強く活性化されたようで、冬のような寒さ(マイナスの気温)となった地域もあったようです。

反面、火エネルギーがまだまだ豊富に存在する、「九州周辺」などでは、暑さすら感じるような天候となったようですしね。現在、すべての自然エネルギーが風エネルギーによって、強く活性化されやすい環境となっているようです。

これは、自然民族さんにとっても同じ影響があるということ。「正負」「陰陽」問わず、現在主となっている心身エネルギー状態が強く活性化される環境となっていると考えられます。良くも悪くも、はっきりと結果として表に現れる傾向があるということ。今表れている結果は、現在の自分自身(心身エネルギー)によってもたらされているものと考える必要がありそうです。


■自然エネルギーの枯渇に注意!

風の活性化力が強い状況にて注意が必要となるのが、心身の自然エネルギーの枯渇を招かないようにするということ。心身エネルギーが活性化されると、なんとなくエネルギーに満ちていると感じてしまいやすいものです。

でも、実際にはわずかな自然エネルギーが活性化されて、利用されているだけなのかもしれないんですね。すると、突然、エネルギーが枯渇・・・となってしまうパターンが生じることに。心身状態が順調と感じているときほど、自分の主たる自然エネルギーを補充することを心がけておきたいものです。


■赤トンボをまだ、あまり見かけないんですよねぇ。

自然環境的には、間違いなく、「秋」と言える環境となったのですが・・。まだ、秋の深まりといいますか、秋の訪れを感じさせてくれる「赤トンボ」をあまり見かけないんですよねぇ。多少、赤トンボの姿を見かけることはできるのですが・・秋の歩みがしっかりしているときには、数多くの赤トンボの姿を見かけるものなので。

そういう意味では、現時点で秋季節とはなっているものの、秋の歩みは、遅いということなのかもしれません。ここ神奈川では、まだまだ「火エネルギー」が多く内在しているということなのかも・・と思っている次第です。マグマ活動の影響もあるのかも?!
posted by poppo at 11:05 | Comment(2) | 自然現象・自然環境

2015年10月01日

10月風陽月の自然環境傾向!

10月01.jpg

今日から10月がスタートです。現在自然エネルギーの移行期間後半を迎えています。これからは、風エネルギー主体の日が続くとともに、移行期間が完了する5日までの間は、風エネルギーが不安定な状態が多くなりそうですね。本格的には、5日から風月が始めることとなるものと考えています。


■10月風陽月の特徴。

今月は、風陽エネルギーが主体となる月です。風陽エネルギーは主に顕在化している要素を活性化する働きがあります。各自然民族さんにおいては、現在、顕在化している自然エネルギー状態(心身)が活性化されることになります。

具体的に言えば、自分の自然エネルギー状態が、何かと日々の生活の中で結果として現れてきやすいということ。例えば「運・不運」「吉凶」などの存在を感じやすい月(運が良いなぁ〜とか、逆に不運に見舞われているなぁ〜というような思いを抱きやすい環境ということ。)ともなるんですね。

逆に考えれば、「物事が順調に進む」「ツイている」と感じるようなことがある場合は、現在の心身の自然エネルギー状態が良好であることの証となります。反対に、「なかなか思うように事が運ばない」「ツイてないなぁ」と感じることがある場合には、心身のエネルギー状態がバランスを崩しているor負の自然エネルギーを多く抱えていることを示す要素となるのです。


■10月の自然環境傾向。

10月の自然環境傾向としては、まず明らかに「風を感じる日」が多くなるかと。基本的には「爽やかな風」が多いのですが、今年は火年ということもあり、これからの季節、水エネルギーが流入してきたときに、火と水の格差が生じやすいんですね。ゆえに、台風が存在するわけではなくとも「強風」という自然現象が生じやすい環境となることが予測されます。

特に「局所的な強風」が思いもよらない力を発揮することも。風による被害が生じやすい月となりそうです。基本的には、外出する時には、「洗濯ものを屋外に干しっぱなし」にはしないように心がけておくといいように思います。穏やかそうな日でも、突如局所的な強風が生じる可能性がありますからね。

また、「風の活性化力」も今年は力を有する年となります。今年の10月は、水エネルギーが流入してくると、極端な寒さを感じるような気候となったり、地域によって降雪などが生じることも、逆に火エネルギーが増加したときには、10月とは思えないような暑さや湿度を感じる日が出て来そうですね。


■10月の自然環境に最適な自然民族さん。(力強い運気)

2015年10月の自然環境に適した自然民族さんは、力強い運気の流れを得ることとなりそうです。そんな自然民族さんが下記です。

風の民「火族」さん
風の民「土族」さん
風の民「水族」さん

火の民「風族」さん
土の民「風族」さん


この中で、風の民「火族」さんと風の民「土族」さんは、最強の運気の流れが生じることとなりそうですね。普段は、本質的にしっかりと頭で考え、自分なりに納得してから行動する傾向がある両者ですが、今月は、あまり思考を優先することなく、感覚的に行動してしまってOKな自然環境となります。

また、風の民「水族」さんと土の民「風族」さんは、日ごろのイメージとは異なる言動をしやすい月となるかも。でもそんな新たな一面を表現することは、良き結果に繋がりやすい環境となりますので、遠慮することなく、心の赴くままに表現してみていただければと思います。





posted by poppo at 10:52 | Comment(3) | 自然現象・自然環境

2015年09月30日

本日は風エネルギー急増の自然環境に。風の癒しを有効に活用する一日としましょう!

秋風01.jpg

自然エネルギーの移行は着実に進んでいます。丁度自然エネルギー移行期間の中盤を迎えている本日・・風エネルギーが急増しています。少し荒々しさも兼ね備えている状況ではありますが、「秋風」を感じさせてくれる一日となりそうですね。

■水エネルギーの流入のある地域では、水エネルギーが活性化される環境に。

風エネルギーが主体の環境となる中、本日、地域によっては水エネルギーが流入してきているエリアが存在しています。(北海道・東北北部など)そんな地域では、風エネルギーによって、水エネルギーが活性化。結果として、気温が低い気候となっています。すでに、昨日北海道の一部では、初降雪も観測されたようですしね。

水エネルギーが活性化されている地域では、風の「癒し」に加えて、水の「浄化(浄化の癒し)」が加わっていますので、心身ともに爽やかに、すっきりとした状態へと誘われやすい自然環境となっています。少しでも可能な限り、今日はお散歩など外気と触れ合う時間を大切にしてみるといいのではないでしょうかね。


■風の民さんにとっては最高の自然環境に。

久しぶりに、今日の自然環境は、風の民さんとって最高の自然エネルギー環境となっています。とても上質な風エネルギーに満ちた自然環境となりそうなんですよね。ゆえに、今日は「風属性の天然石」を身につけることで、天然石に風エネルギーをしっかりと蓄積しておきたいものです。

今日はすべての自然民族さんに共通する要素として、窓を全開にしてお部屋の空気の入れ替えなどをするのにも最適な自然環境となりそうです。特に、風の民さん、風族さんは上質な風エネルギーをお部屋の中に取り込む絶好の機会となるかと。


■今日の風環境は、すべてを良き結果へと招いてくれる要素に。

通常、風エネルギーというのは、良し悪しに関わらず、その対象を活性化させてしまう特性があります。ゆえに、身体的な要素であれば、負の自然エネルギーを多く有している部分に関しては、風の活性化によって、身体的な負の症状に表面化することになるんですね。

ただ、本日の自然環境は、風エネルギーに加えて、こちらも良質な水エネルギーがとてもバランス良い比率で存在しています。これは「癒し・活性化」と「浄化」のバランスがとても良いことを意味するもの。

負の要素(負の自然エネルギーなど)を抱えている方にとっては、「浄化」の作用が先に働き、その後に癒しと活性化による再生が促されることに。負の要素をあまり有していない良好な状態の方には、素直にその状態が活性化される形で、癒しの効果が効果的に加わっていくこととなります。

そう・・今日の自然環境は、最高の「風・水環境」なんですよね。ゆえに、風の民「水族」さん と水の民「風族」さん は、最高の運気をもたらしてくれる自然環境ともなりうる状況。今日は、少しでも多く外気と触れる時間を増やして吉となりそうです。

ちなみに、今日のような風エネルギーが主体でバランスの良い水エネルギーが存在しているような自然エネルギー状態と相性の良い天然石となるのが、まずは「プレナイト」でしょうか。こちらは風属性の石ですので、風の民さんにとって、相性の良い石となります。ちなみに、普段私が愛用しているのも、このプレナイトです。

水エネルギーに着目するのであれば、「アパタイト」が今日の自然エネルギー状態と類似の自然エネルギーバランスを有する天然石となり、水の民さんにとって相性の良い石となるものと思います。



posted by poppo at 09:17 | Comment(2) | 自然現象・自然環境

2015年09月25日

火月から風月への変化。火の民さん&火族さんの注意ポイント!

初秋02.jpg

今朝は、本格的な雨模様となっています。今日は、浄化力の高い良質な水エネルギーが主体となっている自然環境なんですよね。自然環境的にも本当の意味で「夏の終わり」を告げる要素(夏の自然環境を浄化・リセット。新たな自然環境への移行のための準備日)となっているのかもしれません。

ここまで、7月・8月・9月と長き期間続いていた「火環境」がやっと(笑)、区切りを迎えることとなりました。火年の火月という自然環境ですからね。良くも悪くも情熱溢れ、強引さ(強い意志)、行動力が目立つ社会環境となったものと感じています。


■火の民さんにとっては、「余熱」を活かすことを心がける期間に。(10月風月)

火の民さんにとって、3か月間続いた火月は、常に火エネルギーの供給を受けることが出来る自然環境となっていましたので、良くも悪くも燃料(心と身体の活動)が尽きることなく過ごしてこれたものと思います。今年は火年ですので、基本的には火エネルギーは常に供給されやすい自然環境となっているんですよね。火エネルギーが枯渇してしまような状況には、よほどの出来事が無い限りならないということです。

そんな3か月間に慣れてしまった状況にて、火の民さんが注意しておかなければいけないのが、「火エネルギーの無駄遣い(浪費)」です。火エネルギーが供給され続ける環境に慣れてしまっていることで、ついついその流れのまま、過ごしてしまうと、これから訪れる風月(10月・11月)で急激な火エネルギーの枯渇を招いてしまうことがあるんですよね。

というのも、10月・11月の風月を迎えても、おそらく実感的には「情熱・行動力」が衰えることなく・・ここまでと変わらない心身状況で推移しているように感じる可能性があるのです。そこに大きな落とし穴が。10月り風月となると、火月のときのような火エネルギーの供給があるわけではないのです。火エネルギーの供給は人によって激減してしまう可能性もあるんですよね。

でも、10月の風環境では、少ない火エネルギーに対しても効率的に活性化・燃焼させることが出来るのです。火エネルギーの供給はなくとも、有している火エネルギーを効率的に燃焼させることが出来るわけです。この違いを認識しておかない危険なんですよね。7月〜9月と同じような感覚で過ごしてしまうと、突然の火エネルギーの枯渇に陥ることに。

火の民さんと火族さんは、特に注意が必要な要素となります。10月の風月を迎えるにあたって、火の民さん&火族さんが、心がけておくと良いのが「余熱を活用する感覚」でしょうか。「炭火の感覚」といっても良いのかもしれません。感覚的な話となってしまいますが・・ここまで、大きな炎を有して燃焼していたものを、「炭火」へと転換することが、10月の風月を心地よく、そして良き運気で過ごすためのポイントとなるのです。


■風の民さんにとって、自分らしさが発揮できる自然環境に。

風の民さんは、「族」の違いによって、特性の違いが生じやすい傾向にあるのですが・・。それでも基本的にこれから迎える10月(風月)は、やっと自分らしさを発揮できる自然環境となっていきます。今年の7月〜9月は、火年+火月という自然環境で推移しましたので、どうしても「火エネルギー一色」となる日が多かったんですよね。

風エネルギーというのは、「火と水」「土と金」の相互作用によって、生じる自然エネルギーです。特性の異なる自然エネルギーの差によって生まれるといいますか、異なる自然エネルギーの「間」から創出される要素なんですね。ゆえに、火エネルギー一色の自然環境下では、風エネルギーが存在しにくかったわけです。

私は、風の民さんなんですが、実際に今年の7月〜9月の期間は「自分らしさを表現しないようにすること」を一番重視して過ごしてきました。「自分らしさを表現しない」と書くと何か、あまり良くない印象をもってしまうかもしれませんが、そうではないんですよね。

*自分の本質とは、異なる要素にチャレンジする
*サポート役として力を発揮する
*積極的に自分の内面磨きを心がける

など、その環境だからこそ、出来うることが多々あるわけです。人との関わり方に関しても、「積極的なコミュニケーション(他人との接触)」に適した自然環境(時期)もあれば、逆に「他人とのコミュニケーションは極力減らして、自分のため行動・自分を見つめること」を重視したほうが良い自然環境もあるわけです。

自然界の基礎となる要素のひとつに『リズム(波&流れ)変化』という要素があります。どんな要素においても、かならず「リズム」が存在しており、同じ状態が長く継続することは無い(不自然)というもの。時間軸は、要素によってそれぞれ異なりますので、「継続時間」の感覚は、個々に異なっています。(数万年単位のリズムもあれば、数分単位のリズムもあるということ)

いずれにしても『変化』があることが自然な要素ということ。「変化の無い状態」「同じ状態を続けること」を求めることは、不自然な要素となるわけです。

話を戻しますが、他人とのコミュニケーションを重視することは、基本的に大切な要素ではありますが・・それを一年間保ち続ける(実践し続ける)というのは、不自然なこととなります。一年という単位の中で、自然エネルギー環境の変化(リズム)が存在していますので、そのリズムに応じて、対応を変化させていくのが、最も好ましい心がけとなるものと思うんですよね。

そういう意味で、10月の風月は、風の民さんにとって「自分らしさを発揮すること」に適した自然環境が訪れることとなるのです。




posted by poppo at 09:48 | Comment(6) | 自然現象・自然環境

2015年09月15日

初秋が訪れる自然環境の気配。

秋空01.jpg

前回記事で、今月後半の自然環境が「晩夏」の勢いが増してくるのか、それとも「初秋」が訪れてくるのかという話をいたしました。今週いっぱい様子を観察すれば、その流れが見極められると思っていたわけですが・・・。どうやら、週末を待つことなく、早々に判断できそうな気配です。(笑)


■火陰エネルギー環境がもたらす初秋の訪れ。

本当は、不思議な出来事ではないのですが・・それでも、ちょっと不思議に感じてしまうほど、今日になって(実際には昨日午後から)昆虫たちの動向に変化が出てきたんですよね。

実際、記事にも記していますが、先週は「ツクツクボウシ」「ミンミンゼミ」の鳴き声が響く環境だったんですよね。日差しが出れば、ツクツクボウシが元気よく活動していたわけです。それが、昨日・本日と日差しが戻り、爽やかな空気と青空のお天気となったわけですが、パッタリとツクツクボウシたちの姿が無くなってしまいました。存在が感じられない環境となったんですね。

まだ、秋の昆虫たちが目立っているわけではありませんが、どうやら初秋の訪れを虫たちが早々に感じたもよう。今年の9月後半は、火陰環境が熟成を遂げる中で、初秋の環境が訪れてくることになりそうです。


■とっても心良く、実りの充実した秋となりそうな気配。

近年、風年が続いていましたので、夏の暑さが活性化。9月になっても火エネルギーが活性化された状態が続き、結果として「秋」と呼べる自然環境がとても短い年が続くこととなりました。

でも、どうやら今年は秋らしい景観・空気感が楽しめる秋環境となりそうな気配です。「秋ならではの爽やかな青空と優しい雲」「心地よさを伝えてくれる爽やかな風」「充実した秋の実り」など、秋ならではの心地よさが感じられる日が多くなるのではないでしょうか。

ただ、今年は火年ですので、まだまだこれから「台風」が威力を有したまま訪れてくる可能性がある自然環境。「台風の影響がある自然環境」と「心地よさにあふれる秋環境」の2つのパターンが交互に訪れやすい・・そんな季節を迎えることになるのではないかと思っています。







posted by poppo at 10:39 | Comment(3) | 自然現象・自然環境
ざくろジュース

ホルモンバランスの改善に期待大!

一粒一粒ざくろの皮を剥くことで、糖度(14%)はそのまま、酸度をカット。その結果、渋みが少なく、とっても甘く飲みやすいザクロジュース(ざくろ果汁100%)に! 種ごと絞った果汁だからこそ、大切なざくろの栄養源&成分が活かされています。

□sponsor site

h4.jpg 自然民族の「診断方法」

簡易的な方法ではありますが、自分の「自然民族タイプ」は下記より診断することが出来ます。ご参照の上、診断をお楽しみいただければと思います。

ta-1.gif::自然民族タイプの診断はこちらから

inyou00.jpg::自然民族【陰陽】タイプの診断はこちらから

h4.jpg 自然民族の「特性」を理解する上で重要な要素

各自然民族の「特性」(自然民族占い)を理解するために、認識しておかないといけない重要な要素(誤解や間違った理解をしないために)が下記に記されています。ぜひ、一度はご参照いただければと思います。

*自然エネルギーの【陰陽】による”特性”の現れ方の違い!
*各自然民族の「特性」と現状の「性格」との違いについて!
*今の性格を形作る3つの要素。「特性」「陰陽」「正負」!

h4.jpg 自然民族「25種類」の特性

ttt-hi.gif
ttt-mizu.gif
ttt-tsu.gif
ttt-kin.gif
ttt-kaze.gif

自然民族「25種類」のそれぞれの特性概要を個別記事にて記しております。まずは個々の特徴を認識していただければと思います。

t1.gif:火の民【火族】火の民【水族】火の民【金族】火の民【土族】火の民【風族】

t2.gif:水の民【火族】水の民【水族】水の民【金族】水の民【土族】水の民【風族】

t3.gif:金の民【火族】金の民【水族】金の民【金族】金の民【土族】金の民【風族】

t4.gif:土の民【火族】土の民【水族】土の民【金族】土の民【土族】土の民【風族】

t5.gif:風の民【火族】風の民【水族】風の民【金族】風の民【土族】風の民【風族】