h4.jpg 当ブログ「自然民族占い」概要。

自然エネルギーの視点から、自然界を理解・認識を深める中で、「人の運気・特性診断(自然民族占い)」を中心に、「パワースポット紹介」「自然現象・自然環境」「自然雑談」を綴っております。 お楽しみいただければ幸いです。

h4.jpg 2018年”季節”情報!!

電力自由化の機会を大いに活かして、「原子力発電」に頼らない電気エネルギーを選びたいと思います。私は、「原発不要」の意思を込めて、新規電力事業者からのサービスを選びたいと思っています。

発電01.jpg

□sponsor site

h4.jpg 自然民族診断(占い)サロンの開設!

自然民族診断(占い)に関して、自由な会話のやり取りを出来る場として、「自然民族診断(占い)サロン(自然民族診断(占い)!火の民・水の民・金の民・土の民・風の民の集い)」を開設いたしました。単月¥216円(税込)での有料クローズド空間となっています。

今後「自然民族診断に関するご相談」などは、このサロン内で行っていく予定です。サロンの主旨(理念)や内容イメージに関して、まずはこちらの記事(自然民族診断(占い)サロンの開設!自然民族診断の個別相談など気軽に出来る集いの場。)をご参照いただければと思います。

自然の【民族】占い Top > 自然現象・自然環境

2014年05月26日

金エネルギー環境への移行。金エネルギーに関連する不安定さのある期間。

yellow01.jpg

今週で5月も最後。早いものです。ちなみに、”時間”と関連の深い風エネルギーですので、”風年”は他の年と比較して、「時間の流れが早く感じる傾向がある」というのもひとつの特徴となっています。

そんな中、そろそろ来月へ向けて自然エネルギー環境の移行期間を迎えることとなりそうです。今回は、5月の”風エネルギー環境”から6月の”金エネルギー環境”への移行となりますので、大きな変動が生じやすい期間となるものと推測しています。

前回は、”風陽”から”風陰”への以降でしたので、あまり自然環境として変動は生じることはありませんでした。しかし今回は、風年環境において、5月の”風月”を経る中で風エネルギーが最強ともいえる状態となっています。

*活性化力

が最強ともいえる自然環境となっているんですね。

そこで迎える”金エネルギー月”。今年の6月は、金エネルギーがすごく活性化された自然環境となることが推測できるのです。

そんな金エネルギー月への移行期間は、どうやら今夜辺りから始まりそうな気配。「5月27日〜6月5日ころ」までが移行期間となりそうです。


■”金エネルギー””風エネルギー”の不安定さが増す期間

今回の自然エネルギー移行期間「5月27日〜6月5日ころ」では、金エネルギーと風エネルギーの不安定さが激しくなりそうです。それゆえに・・。

*金エネルギーに関連した自然現象。(雷)
*金エネルギーに関連した各種トラブル(電気、通信機器トラブル)

が発生してやすい期間となります。

また、”金エネルギー”が不安定な環境ですと、体質的な要素によっては、「アレルギー」「神経系の不調・痛み」「肌のぴりぴり感」などが生じやすい期間ともなります。

感情的にも「イライラ感」「びりびりした気持ち」「焦り」が生じやすい傾向に。


■心身の影響を受けやすい自然民族。土の民さんと土族さん


今回の移行期間中に”不安定さ”の影響を受けやすい自然民族が”土の民さん”と”土族さん”となります。土の民さん は「気持ち」のエネルギーが削減される傾向がありますので、”心の疲労感””やるき減少”といった感覚を感じやすいものに。土族さん は「身体」のエネルギーが減少しますので、”身体的な疲労感”と”不調”を感じやすい期間となりそうです。

そんな状況を少しでも緩和するために、この期間、「大豆食品」「根菜類」を意識的に摂取するといいかと。土属性のパワーストーンも効果的な期間となりそうです。
posted by poppo at 11:05 | Comment(2) | 自然現象・自然環境

2014年05月15日

今週後半(15日〜18日)は”そわそわ感”を感じやすい自然環境に。

neru01.jpg

昨日辺りから、自然エネルギー環境が変化してきました。自然環境が全体的に”活性化”してきているような状況で、自然エネルギーの動きが活発な感じとなっています。自然環境の影響も増してきている印象。

基本的には、”風エネルギー”が主体で、量も多く、威力も高まっている状態です。

ゆえに、本日を含めて今週後半(15日〜18日)は、多くの自然民族さんに共通して、”心”or”身体”が「そわそわ感」を感じやすい期間となりそうです。

特に

風の民さん は、具体的な何かがあるわけではないのですが・・少々気持ちが”浮つきぎみ”に。(笑)じっくり気持ちを落ち着けていられる状況が少なく、意味も無く”そわそわ感”を感じてしまいそうです。

何か、具体的な行動・計画を推進しようとすると・・ついつい「気が急いて」しまいやすい傾向も生じてきそう。


風族さん は、身体的に”そわそわ””うずうず”してしまいやすい傾向が。何か動いていないと、落ち着かないといった感じで、ついつい不必要な行動も多くなりやすいとき。そんな行動はあまり良き結果には繋がりませんので・・「衝動買い」には特に注意(笑)ですね。
タグ:自然環境
posted by poppo at 09:29 | Comment(2) | 自然現象・自然環境

2014年03月10日

2014年3月の自然環境傾向。「寒暖」「強風」

linen00.jpg

先週後半には、自然エネルギー環境(月)の移行(水エネルギー月)が完了いたしました。今月は、”風年の水月”となります。

先週末は「冬のような寒さ」が戻った地域も多くなり、関東都心部でも局所的に”雪がちらつく”ような気候となりましたが・・これも納得のいく出来事。風エネルギー年ならではの”活性化力”が水エネルギーを活性化、その結果”寒さ”が強まったという流れです。

2014年3月の自然環境傾向を推測すると「寒暖の激しさ」と「強風」が特徴的な自然要素となるものと推測しています。

今年は、「風エネルギーが主体の中に、火エネルギーが存在」しているような環境であることはすでに何度もお伝えしていることですが、今月は、そこに”水エネルギー”が加わります。

そう・・昨年2013年は、「風エネルギーが主体で、背景に火エネルギーと水エネルギーが拮抗」している自然環境だったわけですが、昨年と同じような自然環境が今月「3月」と来月「4月」に創出されることになるんですね。

昨年は「寒暖」が激しく、「強風」が年間通じてすごかったですよね。

そんな自然環境、今月・来月と訪れてくることになるわけです。もともと”春”という季節は、「寒暖」が繰り返される時期なのですが、その寒暖差が大きくなるのが、今年の3月・4月ということ。

数日間”寒さ”が強まれば、その次には数日間”暖かさ(暑さ)”が強まる・・それを繰り返していく期間となるものと思っているのです。

”強風”という自然現象に関しては、「3月は冷たさ感じる強風」が。「4月は暖かさ感じる強風」が多々生じる期間となるものと推測しています。

こんな自然環境の流れを念頭に、生活リズムを組み立てていっていたたければと思います。こんな思考こそが、”自然との共生”の第一歩となりますので。


posted by poppo at 10:42 | Comment(0) | 自然現象・自然環境

2014年03月03日

”水月(3月)”の自然環境特性。

mokuren01.jpg

3月がスタートしました。

まだ、自然エネルギー移行中ではありますが、ほぼ3月の”水エネルギー月”への移行が整ってきた状況です。

”水月”となる3月・4月は、一年の中でも最も良好な水分環境(バランスの良い湿度環境)となる季節ともいえます。「潤い」が保たれやすい環境であると同時に「潤いのある状態」を作り上げていくのにも、最適な季節なんですね。

例えば”お肌の改善(潤い)”に取り組むのであれば、3月・4月が最も適した時期となります。


■”水月(3月)”の自然環境特性。

今年の”3月”の自然環境特性を考えてみると、一番”良き影響”を与えてくれる要素(幸運要素)となるのが、「植物から発散される水分(水エネルギー)」となりそうです。

風エネルギー年の水月という自然環境バランスということから、植物が発散してくれる水分(水エネルギー)に大きな力が宿るようになるものと考えられるのです。これは全ての自然民族さんにとって、良き影響を得ることが出来る要素となるもの。

*植物との触れ合い
*芽吹きの緑周辺での深呼吸
*室内へ観葉植物を活用

が運気の流れを良き方向へと導いてくれる要素となるのではないでしょうか。


posted by poppo at 09:41 | Comment(0) | 自然現象・自然環境

2014年02月26日

各自然民族さんに”癒し”と”元気”を与えてくれる「3月の花」。

mokuren01.jpg

今週末からは、”3月”を迎えることとなります。

自然エネルギー環境が変化するのに応じて、自然界の様々な要素の動向も変化していきます。全ての生命体は、自然環境と共生していますので、自然環境の”流れ”に応じて移ろいで行くものなんですよね。

昔から、その季節の”旬の食材”を食べることが心身の健康にとってとても良いことであることが経験上の”知恵”として伝えられてきています。近年では、通年作物なとが栽培されていることから、なかなか”旬”を感じる食材が減ってきていますが・・・それでも「旬の食材」には、其の季節に必要な要素が詰まっているもの。季節変化(自然環境の流れ)に応じた生活を大切にしたいものです。


■”3月の花”と各自然民族さんとの相性。

3月という季節になると、様々な植物たちが”開花”を迎える季節ともなります。そんな植物たちも、常にその年の自然環境(自然エネルギーバランス)に対して、微妙な変化をもって対応しているものなんですね。

例えば、4月にお馴染みの”桜の花”に関しても、その年の自然環境の違いに応じて、微妙に「花の色」が変化していたりするものなのです。

今年は、年のエネルギーが「風エネルギー」、しかも背景に「火エネルギーを活性化」させる力が存在していますので、”花の色”に関して言えば「白色」「赤色」「緑色」のいずれかが少々反映された色彩となりやすい年といえそうです。もちろん微妙な色調変化ですが、そんな”色彩”の移ろいを感じられると、なんとなく嬉しさ・幸福感に繋がっていくのではないでしょうか。

そんな”花の色”。2014年3月の自然エネルギーバランスを考えたときに、各自然民族さんにとって”良き相性”となる花をピックアップしてみたいと思います。その季節において”相性の良い花”と触れ合うことは、「心の癒し」「気持ちの活性化(元気)」を得ることに繋がるもの。良き相性の花と出逢ったら、語りかけてあげるのもいいかもしれませんね。

■火の民さんと相性の良い”3月の花”:寒緋桜(かんひざくら)

kanhizakura01.jpg

■水の民さんと相性の良い”3月の花”:菫(すみれ)


sumire01.jpg

■金の民さんと相性の良い”3月の花”:蒲公英(たんぽぽ)

tanpopo01.jpg

■風の民さん・土の民さんと相性の良い”3月の花”:白木蓮(はくもくれん)


hakumokuren01.jpg
タグ: 自然環境
posted by poppo at 10:31 | Comment(0) | 自然現象・自然環境

2014年02月24日

自然エネルギーの移行期間。土月から水月へ

ume.jpg

今週で2月も終わり、時の流れが速いです。(笑)

自然環境も変化のときを迎えています。本日あたりから月の自然エネルギーが2月の”土エネルギー”から3月の”水エネルギー”へと移行することになりそうです。

今回は、”土から水”への変化ですので、少々自然環境にも”不安定さ”が生じることになるものと思っています。ただ、大きな不安定さとはならないかと。

土から水への移行時期としては「2月24日〜3月6日ころ」となるものと考えています。今回の特徴としては、特に水の民さんと土の民さんにとって、何か「成長」を促すのに適した期間となるんですね。(2月24日〜3月15日ころまで)

”大地”に”水”が降り注ぐごとによって、植物の”芽生え”が生じたり、様々な生き物たちにとっても、「活動」へ向けての準備が始動することになるものです。

「成長」「育成」「発展」

がひとつのキーワードとなる自然環境(期間)です。

中でも、土の民さんにとっては、いままで推進してきたことが、良き結果へと繋がっていくのか、それとも方向転換したほうが良いのかを見極めるタイミングともなるとき。”成長・促進”が感じられれば、このまま突き進むのが吉。”成長”が感じられないようであれば、方向転換及び新たな道の模索をすることが吉と繋がるかと思います。

posted by poppo at 09:57 | Comment(0) | 自然現象・自然環境

2014年02月17日

今週(17日〜22日)の自然民族占い。各自然民族さんの運気傾向!

yuki02.jpg

先週末は、関東でも大雪に見舞われました。先々週に続いての大雪。少々私としては、想定外といった降雪量と感じています。”水エネルギー”が案外増大・流入する機会があったということで・・今年の”風エネルギー”によって、”水エネルギー”が活性化されて、降雪となっているんですね。

もしかしたら、自然エネルギーの仕組みとして、局所的に”土エネルギーの増大”が存在していて、それを抑制・沈静化するような形で”降雪”という自然現象がもたらされたのかもしれません。

それでも、基本的には弱いながらも”火エネルギー”も活性化されていますので、昨年のように降雪後に気温低下して、氷となってしまうというようなことはなく、降雪翌日には気温もやや高めとなって、雪解けは進んでいます。でも、降雪量自体が多いので、まだしばらく雪の姿は残りそうです。

そんな自然環境傾向は今週も続きそう。今週中ほどにも、関東で降雪があるかも・・といった天気予報も存在しています。”火と水エネルギーの波”が周期的に訪れる週に。ある意味”春序盤”の自然環境といえそうです。


■今週の自然民族”運気”傾向。

今週は、”不安定さ”はない状況下で火エネルギーと水エネルギーが交互に活性化する環境となりそうです。そんな環境下において各自然民族さんの運気傾向を簡単に記しておきたいと思います。

*火の民さん
*水の民さん


”気持ち””やる気”のアップダウンが少々激しくなりそうなのが、火の民さんと水の民さん。悪い影響を及ぼすほどの状況ではないのですが、単純に「気が変わりやすい」という傾向が表面化してきますので、そんな自分自身をきちんと認識しておくといいかと。

*金の民さん

降雪環境が明るさを倍増してくれているように、金エネルギーも少々倍増環境となりそうです。それに伴って、金の民さんも”心の前向きさ”が表れやすい傾向に。今週は、なるべく外での活動を増やして吉となりそうです。


*土の民さん


*風の民さん


基本的に”心のエネルギーが充実”しているのが風の民さん、土の民さん。ただ、そんな”心のエネルギー”を上手く発散できないといいますか・・上手に活かしきれない傾向がありそうです。「何かしたいのだけれども・・何をしてよいのか・・」といった感じで、”もどかしさ”として感じたり、”焦り”のような感覚を感じてしまうかもしれませんが、今は成り行きに任せることが吉につながりやすい環境に。








タグ:占い
posted by poppo at 10:50 | Comment(0) | 自然現象・自然環境

2014年02月05日

2014年の自然エネルギー環境の始まり!

shizen01.jpg

昨日、関東都心部でも降雪がありました。これは、ある意味”2014年の新らしい自然環境の始まり”を告げる自然現象だったように感じています。

すでに、一昨日までは連日日中15℃を示すほどの”暖かな日”が続いていましたよね。これは、今年の自然環境である”風陽エネルギー(背景に火)”の特徴が大きく現れていたからです。火エネルギーが活性化されてきていたんですね。

で、昨日はその反動といいますか、区切りとして”水エネルギー”が活性化されたといった感じです。でも、昨年の自然環境(風陰+背景に火と水の拮抗)であれば、この降雪が数日間は影響を残すようなものとなったと思われるのですが、今年の場合には、基本的に”火エネルギーが活性化”されやすい状況が常に存在していますので、関東都心部ではすでに影響の無いものとなっています。

「2014年の特徴・傾向」

でお伝えしているように、今年は来週辺りから早々に”春を感じさせる環境”が度々訪れてくることになるのではないかと思っています。”春”が早く訪れ、そして”春の期間”が長い(例年の感覚よりも)と感じられるのではないでしょうかね。

自然民族さんよって、「春の季節に生き生きとする民族さん」と逆に「春の季節にぼんやり、集中力に欠けやすい民族さん」などがいるわけですが、いずれにしても、”春季節が長い”ということを、しっかり念頭において、心と身体の準備(生活行動の心がけなど)をしておきたいものです。

もうひとつ


これも”2014年の特徴・傾向”でお話していることですが、今年はとにかく、良くも悪くも

*新しい出来事・要素が創出されやすい
*今まで無かった要素を生みやすい


という特徴があります。

*発見・発明

といった話題も今年早々に話題になりましたしね。このように良い出来事ばかりであれば、望ましいのですが、実際には陰陽共に存在するのが自然理摂理。

*新しいウィルスの登場
*新らたな機能を有したウィルス・細菌の登場

に関しても、どうやら「タミフル」に耐性のあるインフルエンザウィルスず登場してきたようで、少し拡大しつつあるといったニュースもすでに出てきています。

その他にも

*今まで無かった争いごと
*戦いの始まり

なども起き易い環境ですので・・今年の自然環境を理解した上で、”悪しき要素”は拡大しないように心がけ、”良き要素”は大いに活用していく・・そんな一年としていっていただければと思います。
タグ:自然環境
posted by poppo at 10:38 | Comment(0) | 自然現象・自然環境

2013年12月30日

2013年の自然環境を振り返って。

sora09.jpg

いよいよ本日を含めて今年は残り2日となりました。

自然エネルギー環境としては、これから新年を迎える上で”凪環境”へと変化します。明日31日から3日までの期間は、自然エネルギー環境としては、”凪”と呼べる状態となるものと思っています。

月の自然エネルギー、年の自然エネルギー共に1月4日ころから新しい自然環境が始まる(助走期間が必要となりますので、本格的には5日ころから)ことになりそうです。

2014年の自然エネルギー:風陽エネルギー
1月の自然エネルギー:土エネルギー


1月4日からは、上記のような新しい自然環境でスタートですね。


■2013年の自然環境を振り返って。


2013年は、”火エネルギーと水エネルギーの拮抗が背景に存在している風エネルギー環境”でした。風エネルギーの”活性化力”が火エネルギーと水エネルギーを交互に活性化してきたのが最大の特徴となっています。

冬は、極寒・大雪。夏は猛暑が話題となりましたよね。”大雨”もあれば、”雨の少ない期間”が訪れたり・・暑さと寒さも交互に訪れていたものと思います。

また「火と水の格差」が存在していたことから、風エネルギーもとても威力を有することとなり、年間通じて、”強風・暴風・竜巻”が強く意識に残る一年となったのではないでしょうか。

2013年1月〜3月の期間は、「暴風・吹雪」と「大雪」に。

”近年無い大雪”と報じられていましたが、自然環境推移を考えれば、当然の出来事で異常でもなんでもありませんでした。(笑)

2013年3月〜5月の期間も「強風」が強く意識されたのではないかと思います。

2013年5月以降は、各地で「竜巻」の被害が多数発生することに。今まで、あまり”竜巻”といった自然現象がメディアなどで取り上げられることが少なかったこともあって、竜巻に対する対応・意識・準備がほとんど無かった(希薄)ことが、大きな”被害”を創出することに繋がったように感じています。

2013年12月は”早い降雪”があるものと考えていたわけですが、12月中旬には関東都心部でも降雪を記録することになりました。

ここまでの自然環境推移をあらためて振り返ってみると、今年の自然エネルギー環境に沿った自然推移であったことがわかります。「異常」と思える要素は無かったものと言えそうです。そういう視点で考えると、”安定的な自然環境(あくまでも異常の無い状況という意味です)”で推移してきたとも考えることができるのではないでしょうか。


■自然環境に良し悪しはありません!!

つい・・「今年は良い年なのか、悪い年なのか・・」と考えてしまうことがあるかと思いますが、基本的に自然環境に良し悪しなどはありません。「特徴・特性」が年によって異なるというだけで、そのときの自然環境に沿った生き方をすれば、良い結果が生まれやすい”よき年”となるだけです。

逆に、自然環境に反した生き方(行動・思考)をしていれば、どうしても自ずと悪しき結果に繋がりやすいことに。

ようは、”よき年”とするのか”悪しき年”とするのかは、すべて自分次第ということなのです。もちろん、時には自然環境に反した行動をしなければいけないときもあるかと思います。そんな時には、そのことをしっかり自覚した上で、対処・心の準備をしておくことがポイントに。そのためにも、自然環境と常に共生している意識を有していることが、大切な要素となるものと思っています。


■本年のご挨拶。

自然環境の推移を把握しておくことが出来れば、自分自身の”運気”などの流れもある意味上手にコントロールできるもの。そんな日々の自然環境の流れ(特徴など)を天気予報感覚でお伝えしていけたらといった思いも秘めつつ、新たに今年立ち上げた当ブログも無事に年越しを迎えることが出来そうです。

ここを訪れていただいている方々がいるからこその歩みですね。感謝。

当ブログでは、「自然エネルギー」「自然環境」に関連した様々な要素を対象としてお話していくことができればと思っています。「占い」「風水」「スピリチュアル」な要素ももちろん含めて、新年も多様性あるお話が出来ればと考えています。新しい年2014年もよろしくお願いいたします。

ポッポ。
posted by poppo at 10:42 | Comment(3) | 自然現象・自然環境

2013年12月27日

自然エネルギー環境の移行期間目安。

uma01.jpg

私の場合、同じ風属性の生き物として、”お馬さん”とは普通に会話ができるんです。(笑)

ー(長音記号2)

自然エネルギー環境の移行が昨日から始まりました。今回は年末ということもあって、「月の自然エネルギー」だけでなく「年の自然エネルギー」も同時に移行がスタートしています。

ただ、それぞれの移行期間は大きくことなるもの。今回の”移行期間”としては下記のようなものとなりそうです。(目安)

*月の自然エネルギー移行期間:2013年12月25日〜2014年1月5日
*年の自然エネルギー移行期間:2013年12月25日〜2014年2月5日


”年の自然エネルギー”は毎年のことではありますが、完全に移行完了となるのは”2月始め頃”となります。ただ今回は同じ「風」から「風」への移行ですので、特に一律に変化していくのではなくて、概ね”2014年1月10日”ころまでには、2014年の自然エネルギーである”風陽エネルギー”に変化するものと思っています。

その後(1月10日〜2月5日)は、”陰陽”の揺らぎのある期間となる見通し。

この「陰陽の揺らぎ」の期間は、また特別な自然環境となりますので、特徴・傾向などに関しては、2014年の記事として取り上げていきたいと思っています。


風陽エネルギー環境(火エネルギー背景)は”南風”と例えていますが、別の言い方をすると”芽吹きを促す風”ともなります。風月には、”5月””10月””11月”がありますが、2014年の風陽エネルギーは、「5月」の風。

今年2013年とは、”力の特性・働き”が大きく異なります。

タグ:自然環境
posted by poppo at 09:45 | Comment(0) | 自然現象・自然環境

2013年12月26日

新年2014年の自然エネルギー環境は・・!

fuyu01.jpg

ようやく、来年2014年の自然エネルギーが判明いたしました。(笑)

どうやら、2014年は”風陽エネルギー”の年となりそうです。

今年2013年は、背景に”火エネルギーと水エネルギーが拮抗”している状態が存在している中での”風陰エネルギー”環境でしたが、来年2014年は、背景に”火エネルギー”が君臨する中での”風陽エネルギー”環境となりそうです。

*このことが何を意味しているのか!
*2014年の自然環境傾向・特性!
など

の詳細に関しては、また後日新年最初の記事で詳しくお話していく予定でおります。

ただ

風エネルギーの特性を一言で表すとしたら・・。

今年2013年は、「暴風」

となりましたが

新年2014年は、「南風」

となります。

”風”の強さ・威力という意味では、今年のほうが”強さ”があるのですが、同じ風でも、来年は特性が大きくことなることに。

基本的に

風の民さん
火の民さん


そして特記できるのが、風の民「火族」さん火の民「風族」さん 

にとって大きな影響のある一年となりそうです。
posted by poppo at 09:44 | Comment(4) | 自然現象・自然環境

2013年12月10日

今日は自然エネルギー環境の影響が強い一日に!!体調変動にご注意を。

arashi01.jpg

今日は夜中・早朝からすでに荒れた天候となっています。

自然エネルギー環境も短時間の中で、大きな変動を示していることから、その影響が強いものとなりそうです。

しかも、今日の自然エネルギー環境は・・少々珍しく、ほとんど”良い影響”はない状況で(汗)、すべての自然民族さんにとって、「身体・体調への影響」がとても大きくなる一日となるものと思っています。

ある意味絶妙なバランスといえるのかもしれませんが・・。

もともと、金エネルギー環境となっているところに、本日は”火・水・風”がそれぞれ強い威力を有した状態で加わってきているのです。ここに「土エネルギー」も増大・加わってくれているのであれば問題なかったのですが、土エネルギーの流入はないことから・・その結果として「身体への影響が強くなる」ことに。

*神経的な痛み(良くない金エネルギーの影響)
*体力低下・筋肉の不調(土エネルギーの衰退影響)
*身体機能の低下(良くない水エネルギーの影響)
*水分バランスの乱れによる体調不良(良くない火エネルギーの影響)
*風邪などウィルスによる影響大(良くない風エネルギーの影響)

といった、全ての身体的な不調に繋がる要因が存在しているのです。

もちろん、”心・魂エネルギー”に対しても影響はあるのですが、本日はとにかく、”身体に対する悪い影響”を少しでも少なくすることのほうを重視しておいたほうが良いものと思っています。

そのためには、基本として、なるべく「外気に触れる外部空間での活動」を減らすこと。「屋内」のほうが、少しは自然エネルギーの変動が少ないものですので、不要な外出は極力減らしておいて吉です。

それと、今日は「身体優先」ですので・・。

”民”よりも”族”に焦点をあてておきたいと思います。

少しでも、体調不良の影響を少なくするために、摂取を心がけると良い”飲み物”を族ごとにご紹介しておきたいと思います。ご参考に。


■自然民族ごとに、体調維持のために今日飲んで吉となる”飲み物”。

*火族さん :コーヒー・ココア
*水族さん :熱燗(日本酒)・ハーブティー(ジンジャー)
*土族さん :ホットミルク・ロイヤルミルクティー・カフェオレ
*金族さん :ホットレモン・ホットゆず・レモンティー
*風族さん :緑茶




タグ:自然環境
posted by poppo at 10:16 | Comment(3) | 自然現象・自然環境

2013年12月09日

2014年の自然エネルギー環境の見極め。

inyou01.jpg

今年2013年も今月を残すのみとなりました。

この季節になってくると、日常生活の”慌しさ”も増してくるのですが、個人的には「自然エネルギーの推移・流れ」を見極めていく大切な時期ともなっています。

なんといっても、年の自然エネルギーの主役が変化すれば、当然自然界における傾向・特徴が変化していくことになります。2013年は、風陰エネルギーの年となりましたが、2014年はまた別の自然エネルギーが主役となる年に。

来年へ向けて、細かなことを考えるわけではありませんが、大きな流れに対して”心の準備””運気傾向”を掴んでおきたいのが、12月という季節なんです。その上で、新年最初の”初詣”のときに、氏神様にもそんな気持ちを伝えに訪れるといいますか、今年一年の感謝と共に新年(2014年)の方向性(運気の予定?)を伝えてくるのが、私の例年の流れとなっています。

で・・。

現時点では、まだ来年の主力となる自然エネルギーを掴みきれていません。(汗)多分、現時点では、「風エネルギーの年」となるか、もしくは「火エネルギーの年」となるのか・・いずれかではないかと思っているところです。

明確に判断出来るのは、かなり年の瀬が迫ってからとなりそうな感じではありますが、わかったときには、また当ブログで特徴・傾向なども踏まえてお話していけたらと思っています。
posted by poppo at 14:23 | Comment(0) | 自然現象・自然環境

2013年12月02日

今年の”紅葉”は、「紅」よりも「黄」が多くなるのでは?

aki10.jpg

今年の12月は、風陰+金陰エネルギー環境となることから、金エネルギーがとても活性化された状態となります。さらに金陰エネルギーですので、内在している要素にその影響が現れやすいのも特徴となります。

そんな自然エネルギー環境であることを考えたときに、ひとつ自然環境に現れてくる要素として、推測できるのが・・。

紅葉の色の違い。


もちろん、絶対的な話ではなく、あくまでも”傾向”としての要素なのですが、例年と比較すると、紅葉が「赤色・紅色」ではなくて、「黄色・黄金色」の紅葉のほうが、色鮮やかに目立つ景観を創出しているのではないかと思っています。

もしかしたら、例年だと、”赤色・紅色に染まった紅葉景観”が美しいスポットにおいても、今年は”黄色・黄金色に染まった景観”と感じる・・それほど、”黄色・黄金色”に華やかさを感じるようになっているのではないかと思います。

自然エネルギー的に考えれば、”黄色・黄金色”が印象的に感じる空間のほうが、自然エネルギーの流通状態が良いと環境となっているともいえそうです。

今年の12月は。金の民さん 金族さん にとって嬉しい紅葉空間となりそうですね。
タグ:自然環境
posted by poppo at 09:40 | Comment(2) | 自然現象・自然環境

2013年11月18日

来週から自然エネルギー環境の”移行期間”。今回の自然環境の特徴は・・。

arashi02.jpg

まだ少し気が早いのですが、11月の風陰環境から、来月12月への金エネルギー環境への変化は、来週25日ころから始まるものと推測しています。今回は「11月25日〜12月5日ころ」までが移行期間となるのではないでしょうか。

いろいろと予定を立てる人もいるかと思いますので、今回の自然エネルギー移行期間の特徴に関して、お話してみたいと思います。


■不安定な”電気環境”

一言で言ってしまえば、”強い電気(金エネルギーを実感できる)環境”となりそうです。ここまで風陰エネルギーが最大限ともいえるくらいに高まっています。その流れの中で、金エネルギー環境へと移行していきますので、今回金エネルギーは、とても活性化されやすい状況となっているんですね。

特に、風陽エネルギーよりも風陰エネルギーのほうが金エネルギーを活性化しやすい特性がありますので、尚更なんです。

同時に風陰エネルギーは、内在している要素を活性化させやすいので、「生態電気(体内の電気)」「神経伝達物質」に大きな影響を与えることが推測できるのです。

自然エネルギーの移行期間は、”不安定さ”が生じると共に”制御が出来ない強いエネルギー”が暴れやすい環境となりますので、注意が必要な期間となりそうです。

具体的な出来事・要素として現れやすいものをピックアップしてみたいと思います。


■自然現象:雷

自然現象としては、”雷”が要注意要素に。特に「陰陽」という要素を考えても”陰”での活性化が増すことになりますので、日本列島においては、「日本海側の地域」での雷及び落雷被害に注意ということになりそうです。”停電”への準備・対策はしっかり整えておきたいところです。

■自然現象:静電気

身近な自然現象としては、”静電気”がとても強くなりそうです。不安定さと強さが増すことから、静電気を感じる機会が増えるのはもちろんのこと、”静電気”よる機器の故障などが生じる可能性も。乗り物制御(運行ダイヤの乱れなど)、通信機器(携帯電話、インターネットなど)電子制御の故障・乱れは念頭にしておきたい要素です。

■心・身体要素:神経的な痛み

体内の電気要素が”強まりすぎ””乱れ”が生じやすいことから、「神経的な痛み」が表面化しやすい期間となりそうです。腰痛などの持病を持っている方や頭痛、手足のしびれ感覚、神経痛などが表面化しやすい傾向に。

■気持ち:イライラ感

気持ちとしては、特に具体的な何かがあったわけではなくとも、何故だか”イライラ感”を感じやすい傾向が。でも・・それは、自然環境の影響であることをしっかりと自覚しておくと、やり過ごすことが出来ることかと思います。


posted by poppo at 09:43 | Comment(0) | 自然現象・自然環境

2013年11月12日

今年の自然環境に沿った”寒さ”の流れ。

yuki01.jpg

今年は、夏ころからお伝えしていたように、冬を待たずに早々に”寒さ”が訪れてきました。北日本では、すでに降雪ともなっています。

2013年の自然エネルギー環境が「火・水拮抗状況下の風陰エネルギー環境」ですので、年間通じて”火と水の影響”が交互に活性化される傾向があるんですね。ですから、週の中でも、月単位でも、当然季節においても、”メリハリ(火・水)”のある環境となるのです。

今年の夏は”40℃”超えの「猛暑」となりましたが、早々に今度は「強い寒さ」が訪れることになるのも、今年の自然環境に沿った推移となっています。


■”寒さ”は、深さはあっても、長くは続かない傾向に。

まだ、来年の自然環境を見極めることは出来ませんが、それでもこれからの冬季節に関して、”寒さ”という要素の傾向を取り上げてみたいと思います。

おそらくは、今年の猛暑に対抗するかのような”強い寒さ”が訪れることになると思われますが、そんな強い寒さは数週間も続くというものではなさそうです。「寒さの深さはあっても、長さは無い」といった感じでしょうか。

”強い寒さ”と”寒さの緩み”がやはり交互に訪れてくる・・そんな季節となりそうです。少なくとも12月いっぱい・・来年1月中旬ころまでは、そんな自然傾向で推移するのではないでしょうか。

今月11月から12月上旬にかけての季節は・・。冒頭の写真のように”紅葉(色付いた葉っぱ)”と”雪”が共存する環境となるかもしれませんね。

ちなみに、そんな環境が訪れてきたときには。

風の民「水族」さん
水の民「風族」さん


にとって、最高の”運気”環境となりそうです。
タグ:自然環境
posted by poppo at 10:08 | Comment(2) | 自然現象・自然環境

2013年10月10日

今年は”火・水拮抗の風年”。これからの季節は寒暖差が激しくなります。

aki02.jpg

台風は過ぎ去り、間接的な影響も消滅しました。一昨日から昨日と”落ち着き感を無くす”という形で、各自然民族さんの心に影響を与えていた自然環境ですが、今朝はすでに状況変化・・基に戻っています。今日は、徐々に”平穏な心”を取り戻していくことができるのではないでしょうかね。


■10月〜12月の自然環境注意ポイント。”激しい寒暖差”と”厳しい寒さ”

今日は、今年終盤の季節”10月〜12月”の自然環境傾向について、お話してみたいと思います。

今年何度もお話しているように、今年の自然環境は”火・水拮抗の風エネルギー環境”です。単純な風エネルギー環境と異なり、背景に常に「火と水エネルギーの拮抗」関係が存在しているのです。

ゆえに、最もわかりやすい自然現象としては、「寒暖差が明確になる」ということ。そして、昨年のように”晴が数週間も続く”というような気候となることは少なく、常に”晴と雨環境が交互に訪れる”・・そんな傾向を有しているのです。

そこで、これからの季節(10月〜12月)に最も注視しておきたい要素となるのが、「激しい寒暖差」と「厳しい寒さ」です。

おそらくは、今月10月は、”寒暖差”が激しいと感じる環境が多々現れることに。「日夜の寒暖差」もありますし、「日ごとの寒暖差」もやや激しくなる傾向があります。

そして、そんな”寒暖の繰り返し”の中で、「寒さ」が深まることに。今年はここ数年と比較すると、わりと早々に”寒さ”を感じることになるのではないかと推測しています。”11月中旬ころ”には、”寒い”と感じる日が多くなるのではないでしょうか。

”12月”ともなると、今年は「厳しい寒さ」と呼べるような日が早々に訪れる可能性があるものと推測しています。風エネルギーは、10月・11月と最高潮に高まっていきますので、背景にある水エネルギーが12月の季節にすでに活性化され、強い威力を発揮する・・そんな自然の流れとなりそうなんですよね。

ここ数年は、「12月」という季節に、あまり”寒さの深まり”を感じることはありませんでしたので、油断していると・・今年は大変なことになるかも、(笑)厳しい寒さが早々に訪れてくるものと認識した上で、これからの季節を過ごしていただければと思います。






posted by poppo at 09:55 | Comment(2) | 自然現象・自然環境

2013年09月27日

10月”風月”への自然エネルギー移行開始。

ine01.jpg

台風20号が日本列島に接近、大きな影響はありませんでしたが、それでも自然エネルギー的には直接的な影響を及ぼすことになりました。そんな自然現象がありましたので、少しタイミングがずれたようですが・・。

本日になって、来月10月へ向けての自然エネルギーの以降が始まったようです。今月9月の火陰エネルギー環境から来月10月の風陰エネルギー環境への移行となります。

今年2013年が”風エネルギー年”という背景がありますので、来月の風エネルギー環境は、とても強さと活性化力に満ちたものとなるものと推測しています。

同じ風月である、”5月”は「風陽エネルギー」環境。生命体の活動力を高め、成長を促していく・・そんな作用のある自然エネルギー環境です。

それに対して、これから訪れる”10月・11月”は「風陰エネルギー」環境。前半の10月は、物事を成熟させる(成熟への活性化)働きがあり、果実などに良質な自然エネルギーを凝縮させてくれるんですね。「10月に成熟する果実」はとても豊富な自然エネルギーを宿している存在となるのです。

後半の11月になると、風陰エネルギーは、生命体を”休息”へ誘う・・そんな働きを有することになります。「癒し力」という意味では最も作用が強くなるのが、11月の風月となるのです。

今後の自然エネルギー環境はそんな流れで推移していくことになるのです。

で・・今回は「本日9月27日〜10月7日ころ」までが自然エネルギー移行期間となりそうです。寒暖もやや激しくなり、”強風”の影響も多々現れやすい期間となることを念頭にしておいていただければと思います。
posted by poppo at 10:55 | Comment(0) | 自然現象・自然環境

2013年09月26日

少し嫌な感じの金エネルギーが上昇中。放射性物質の飛散に注意かも。

aurora01.jpg

台風20号が関東はるか沖を進行中です。台風による直接的な被害はなくて済みそうなのは、良かったですよね。

ただ
少し気がかりなことがありまして、それが徐々に”金エネルギー”が増加傾向となっているものと感じられていることです。

現在関東周辺では、強い日差しがあるわけでもなく・・自然界要因として、金エネルギーが増加することに繋がるものは、無いように思っています。しかも、個人的な感覚の話ではありますが・・”自然な心地よさ”を感じるような 金エネルギーではなくて、少し”嫌な感じ”すら感じる 金エネルギー感覚なんですね。

そのことから、推測できるのが 「放射性物質の飛散・拡散」です。

気象環境的にも、台風20号が関東沖を通過することにより、北東方向から強い風が関東地域に向けて吹いている環境となっています。

そう・・福島原発周辺から関東方向へ向けて強い風が生じている状況ともなります。”放射性物質”が飛散されてきている・・その影響として、金エネルギーが増加してきているのではないかと推測しています。

報道などでは、”セシウム”という物質のみが良く語られていますが、放射性物質は他に多数の種類が拡散・存在しているのが現状です。地域によっては、セシウムだけでなく、当然 ストロンチウム、トリチウムなど複数種類の放射性物質が飛散しているものと考えておく必要がありそうです。

外部被曝的な要素は心配する必要はないかと思いますが、少しでも身体内部へ放射性物質を取り込んでしまうことは、避けておきたいものですよね。

今日外出時に来ていた衣服は、帰宅後”埃を落とすように”叩いてから部屋へ入るととか、外でのランチ(公園などの外部でとういみ)やハンバーガーなどの食べ歩きなどは慎んでおく・・程度のことは心がけておくといいのではないでしょうか。
タグ:自然環境
posted by poppo at 11:14 | Comment(0) | 自然現象・自然環境

2013年05月30日

関東も梅雨入り。今年の梅雨は「傘」は不適??

ame02.jpg

昨日、関東地方も梅雨入り宣言となりました。

”梅雨”という自然現象は、自然エネルギー的に見ると、「火エネルギーと水エネルギーが拮抗状態」となっている気象環境です。この自然エネルギー状態は・・そう今年2013年の自然エネルギーバランスと似た要素なんですね。

今年は、火エネルギーと水エネルギーが拮抗することで創出される風エネルギー環境ですので、背景には常に「火と水の拮抗状態」が存在してるのです。

ゆえに、今年の梅雨は例年と比較して”メイハリが明確になる”と思っています。

具体的に言うと、例年の梅雨は「シトシトと雨模様の日が続く」といったイメージですが、今年は、「しっかり大雨の日と晴れ間とが交互に訪れてくる」といった梅雨期間となるのではないかと推測しています。

”雨日”には涼しさも感じられる傾向がありますが、”合間の晴日”には結構暑さを感じる・・そんな気象環境になりやすいのではないでしょうか。

さらに、”シトシトとした優しい雨”が少なくて、今年は「強い風が吹く」傾向があります。簡単に言えば、”雨と共に強い風が吹きやすい”のが今年の梅雨となりそうです。そんな傾向であることを認識した上で、日々の生活様式の工夫・準備などをしておくといいのではないでしょうか。



■今年の梅雨は「傘」が不適??

以前にも記事にてお話したことではありますが、「雨=傘」と思い込んでいる人が多いように感じています。でも、基本的に”傘”が有効なのは、「風が強くないとき」であって、風の強い環境下においては、”傘は機能を果たせない”だけでなく、”危険をもたらす要素”ともなりうるのです。

*強風に対して、傘を持っていると、飛ばされやすくなる。(転倒・ケガに繋がる)
*破損、飛来した傘によって、ケガをする


といった出来事に繋がりやすいのです。

ゆえに、風の強い雨環境においては、”傘”ではなくて、”レインコート”が最適なんですね。

ただ、”レインコート”の場合、着脱に少し手間がかかるのと、ファッションによって、向き不向きがあることから・・・近年では、「ポンチョタイプの防雨アイテム」が人気となっています。”防雨ポンチョ”だと、リュックなどを背負ったまま(ショルダーバックなども濡れないように保持可能)でも着用できることから機能性にも優れています。

その有効性から、少しずつファッションアイテムとして、”防雨ポンチョ”を創作しているブランドも登場しています。

こちらは業務用の雨具や長靴、官公庁の消防防災用品を手がけている合羽メーカー船橋(株)と京都のファッション・雑貨ブランドが共同創作した「日本製のレインポンチョ」。

デュボン社の撥水・防汚機能に優れたテフロン加工を施した生地を使用しています。マットで落ち着いた質感が従来のレインコートなどと比較して、人気の要素となっています。鍵などを入れるポケットも水が入りにくく取り出しやすい工夫が施されています。


京都ファッション・雑貨ブランドの「日本製のレインポンチョ」

*サイズ:フリーサイズ
 着丈:約88cm
 首周り:約58cm(釦を一番上で留めた場合)

*素材:本体:ナイロン100%、釦:プラスチック、紐:ゴム

poncho01.jpg
タグ:自然環境
posted by poppo at 11:42 | Comment(0) | 自然現象・自然環境

2013年05月28日

金エネルギー月(6月・12月)に注意が必要な自然現象とは!

taiyou03.jpg

来月の金エネルギー環境に向けて、今回は注視しておきたい”自然現象”についてお話したいと思います。

毎年のことではなく、今年は風年(風エネルギーの年)。ですから、各月の自然エネルギーが”活性化”されることから、その影響度か増すのが、2013年の傾向なんですね。ゆえに、常に各月の自然エネルギー環境に応じた、”自然現象”などに注意しておくことが必要となるのです。

以前の記事で、「地震活動」については簡単に触れていますので、今回は「太陽嵐」の影響について取り上げてみたいと思います。


■太陽嵐による、”通信機器””電子機器””停電”への影響。

太陽からは、常に”太陽放射線”と呼ばれる電磁波(可視光線、紫外線、赤外線)が放出されています。簡単に言うと「光」が地球に届いているわけです。また同時に荷電粒子(電荷を持った、陽子や電子など)が地球に向って放出されており、その”流れ”のことを「太陽風」と呼んでいるのです。

この”太陽風”は通常、地球の磁場(磁力圏)によって防御されており、地上(地球)には到達していません。磁場によって、地球は守られているんですね。ただ、時折、磁力の隙間を潜って北極や南極に侵入してくるものもあるのです。それが「オーロラ」として観測できる自然現象です。

太陽活動が活発な状態となると、太陽にて大きな爆発現象が生じます。(太陽フレアーと呼ばれる現象)大規模な爆発が発生すると・・太陽風も威力を増すことになります。(太陽風ととして飛来・放射される荷電粒子などの量が増えるのです)そういう時に起きる地球磁場などへの影響を「太陽嵐(たいようあらし)」と呼んでいるのです。

”太陽嵐”に関する説明は省略しますが、出来事としては、「磁場の大きな乱れ」「過電流の発生」に伴って、”通信機器””電子機器””電力”へ大きな被害をもたらす可能性があるのです。”太陽嵐”は周期的には「30年から50年周期」で発生する可能性のある自然現象と考えられています。過去に発生した”太陽嵐”によって、停電などの大規模被害が発生した記録がありますが・・。現代では、さらに「電力」「電子機器」「通信機器」への依存度が個人・企業・社会的に高まっている状況ですので、昔よりも、はるかに被害影響が大きくなる可能性がある自然現象といえるのではないでしょうか。

そんな”太陽風”などは、金エネルギーの自然現象となります。

それゆえに、今年においては金エネルギー環境となる・・来月6月及び12月が”太陽嵐””太陽風”などの自然現象の影響が大きくなりやすい自然環境(日本において)と推測できるのです。

*電子機器のバックアップ
*通信機器トラブル時の準備
*停電への準備・対策


は各個人・家庭におしても心構えしておきたい要素と考えています。

最新蓄電池システム






タグ:自然現象
posted by poppo at 08:00 | Comment(0) | 自然現象・自然環境

2013年05月27日

金エネルギー環境への移行開始!自然民族への影響は・・。

ha03.jpg

さあ、いよいよ今日辺りから、6月の”金エネルギー環境”への移行が開始となりそうです。すでに、天候も下り坂。今日は安定感のある気象環境ですが、これは自然エネルギー環境が移行(変化)タイミングでの「凪」状態といえます。

”凪状態”というのは、自然エネルギーが大きく変化するときに、一瞬「動きのまったく無いような状況」が出来るのですが、そんな環境状態を意味しています。

ゆえに、明日以降は徐々に気象的な”不安定さ”も増していくのではないでしょうかね。今週から来週にかけては、自然エネルギー環境としても、変動・変化の激しい状況となることは念頭にしておいていただければと思います。

自然民族の中で、今回の変動に順応できるのは・・。

風の民【金族】さん
金の民【風族】さん


です。もちろん人によっては、”エネルギー過剰”となるケースがありますので、「暴走傾向」には注意が必要ではありますが、概ね心身ともに活力を感じて過ごすことができそうです。

対して、最も心身への負荷影響(エネルギーの減衰など)が大きくなりやすいのが・・。

土の民【土族】さん
土の民【火族】さん

火の民【土族】さん
火の民【火族】さん


です。基本的に、心身のエネルギー低下に伴った”不調”を感じやすい傾向がありますので、「休息」を大切にすることと、関連エネルギー(土or火)の「補給」がポイントとなりそうです。

エネルギーは満ちているのだけれども、自分自身で”制御(心身)”が出来ないことで、失敗などに繋がりやすい・・そんな傾向となるのが・・。

金の民【金族】さん
金の民【水族】さん

水の民【水族】さん
水の民【金族】さん


です。かなり、気持ちと行動(言動)を抑え気味にと意識して丁度良いくらいだということを認識しておいていただければと思います。



posted by poppo at 11:06 | Comment(0) | 自然現象・自然環境

2013年05月24日

6月「金エネルギー月」の傾向

mori02.jpg

今月も来週一週間を残すのみとなりました。毎度のことではありますが、そろそろ次月の自然環境への移行が始まる期間となります。

来月6月は”金エネルギーの月”。今年は風年ですので、例年と比較して来月6月は・・とても金エネルギーが活性化した環境となるものと推測しています。基本的に、「自然エネルギーの活性化」が今年の特徴のひとつですので、環境変化のタイミング(移行期)では、毎回(毎月)”不安定さ”と”激しい自然現象””自然環境変化”が現れてくることになります。

今回は

「5月27日〜6月6日ころ」

までが、自然エネルギーの移行期(変化期間)となるものと考えています。5月から6月への変化は、「風エネルギー」から「金エネルギー」環境への変化となります。その影響で、水エネルギーも不安定さを増すことになります(金エネルギーによる増幅の影響)。それゆえに、気象環境的には・・。

*不安定さのある雨模様
*雷の発生
*強風

が特徴的な要素となって・・いずれも、「突然の変化」「突発的な事象」となりやすい環境と推測していますので、注意を持っておいていただければと思います。


■2013年6月金エネルギー月の傾向

今後、来月の自然環境に関するお話は徐々にしていくつもりではありますが、今年の6月ならではの特徴として、目だった要素となりそうな出来事をいくつか取り上げておきたいと思います。

1)紫外線の影響力大

来月6月は、紫外線量は少なくとも、”紫外線”自体の活力・強さが高まるものと考えています。曇りの日でも、強い影響力のある日も多くなりそう。様々な要素を対象に「紫外線」対策などは、普段以上に心がけておくといいかもしれません。


2)太陽活動の影響(磁気嵐など)

太陽黒点活動は現在でも、やや活発な状況となっています。そんな太陽活動に伴った自然現象である「磁気嵐」「放射線放射」などの影響が高まりやすい(影響を受けやすい)環境となりそうです。具体的には、”電気通信網への影響(トラブル増加)””電気トラブルに伴った停電”などといった要素も少々念頭にしておきたいところ。


3)地震活動への影響

例年であれば、”6月”という季節は、梅雨時期となることから、どちらかといえば地震活動が表面化しにくい環境となるケースが多い・・そんな時期となっています。ただ、今年に限っては少々大きな地震も誘発しやすい自然環境が整う傾向が。5月の風エネルギー環境によって、様々な要素が活性化されているわけですが、現在土エネルギー(プレート活動が活性化)も活性化された状況となっています。

そんな状況下で、金エネルギー環境へと移行したときに、”土エネルギーを弱める力”が働きます。それが「地殻の崩壊(地震活動)」を誘発することになるのです。気象環境的には、梅雨の影響で地震が表面化しにくい状況も多くなるかと思いますが、気象環境が整ったとき(地震が表面化しやすい環境となったとき)に、例年よりかは地震が誘発されてきやすい・・そんな傾向となるものと推測しています。


4)断続的な梅雨

今年の6月は、”梅雨”が訪れたとしても、断続的な梅雨となりそうです。”雨期間”と”晴期間”がわりと短期間の中で交互に訪れてくる・・そんな気象環境となるのではないかと推測しています。地域によっては、雨の少ない期間となるかもしれませんね。

「光で起こす」「体内時計を整える」最新の目覚ましOKIRO(オキロー)



posted by poppo at 10:09 | Comment(2) | 自然現象・自然環境

2013年05月17日

放射性物質の「知識」「意識」を持つことの大切さ〜放射線マップ&情報

hikari01.jpg

今日本の自然環境には、大きな課題が課せられています。それが「放射性物質の存在」です。もともと一定割合自然環境下に存在している要素ではあるのですが・・・さらに余分な”放射性物質”が人為的な事故(原発事故)によって、日本の自然環境にばら撒かれて(放出・拡散)しまいました。

しかも厄介なことに、自然界に存在している放射性物質の主は”ラドン”という物質なのですが、原発事故によって放出・拡散された放射性物質は公表されているものだけでも「31種類」ありますので、実際にはそれ以上の種類の放射性物質が拡散されたものと思っています。

単に”放射性物質”とひとくくりで表現してしまうと、あまり違いが無いように思ってしまいますが、基本的に放射性物質それぞれで”異なる特性を有している”ものです。特性が違うということは、「影響の仕方・範囲など」にも若干ながら違いがあるということ。これは大きな問題を含んでいる要素と思っています。

詳細はわからなくとも、とにかく

世の中「セシウム」という放射性物質のみが多く語られていますが、実際には、それ以外にも放射線を放出している放射性物質が沢山存在している。

ということは、認識しておいていただきたい要素のひとつです。普段生活する上で、とても安易に考えることは出来ない・・そんな要素(放射性物質)が現在日本の自然環境に加わっているということです。

”地震活動”などもそうですが、このような要素に対して、「意識を傾けない」ことも良くないことですが・・「闇雲に恐れるだけ」というのも、けして良い結果を生まないものです。


”放射性物質”に対する「意識・現状認識」を持つこと。及び「知識」を得ておくこと

がとても大切な要素となります。ただ、放射性物質に関する情報は、なにやら難しい内容・表現だったり、原発推進したい組織などから発信される情報などは意図的に”問題の無い(少ない)”要素として語られていたりしますので、正直・・なかなか、情報の取捨選択が難しいものだったりしますよね。

そこで、私が実際に見た(参照)中で、多くの人が理解しやすい表現(図解説などが中心で子供たちにもわかりやすい内容)となっている、放射性物質に関する「知識」「現状」の情報をご紹介しておきたいと思います。

ひとつが

家庭用放射線測定器による放射線マップ(各地の放射線量)

です。こちらは公的機関などから発信されるものではなく(作為的な情報操作がなされていましたからね。政府発表の情報などは)、消臭剤など生活関連アイテム作りでお馴染みの企業「エステー株式会社」が末永く日々の生活の中で活用できる(生活関連アイテムとして)機能性と価格を実現した、下記の家庭用放射線測定器(エアカウンターEX)を活用したものです。実際に購入・活用している人々が日常生活の中で計測した放射線量をフィードバック・集計したマップなのです。

家庭用放射線測定器【エアカウンターEX】






ちなみに、本来”機能的”に有効な放射線測定器となるものですと、「10万円以上」の価格となるものばかりだったのですが、家庭において、手軽に活用できるものを・・という考えの中から、必要な機能性(0.01μSv/h 〜 99.9μSv/hの放射線測定範囲)を持ちつつ、「¥19,800円」という破格の価格を実現した商品となっています。

この家庭での実用性によって、上記測定器を購入・活用する人が増加・・その結果、日々の放射線量マップが完成したようです。

私が、放射線量の目安(注意すべき基準)としている値は、「0.11μSv/h」です。この放射線量を一年間受け続けると、「1mmSv/年間」に到達する値なのです。「1mmSv/年間」という被曝量までは、大きな問題(ガンなどの発生など)を誘発することは無いと考えられている基準です。

あくまで”一年間受けた場合”ですので、短期間・短時間であれば、「0.11μSv/h」の環境下に身を置くことは問題ないと考えていますが、基本的に「被曝量」は合計・合算するもの。他にも、食品・水などから摂取、被曝を受ける量もかならず存在していると考えていますので、個人的には、そんなことを念頭に行動を心がけています。


もうひとつが

放射性物質に関する知識情報

こちらも”エステー”が提供している情報ですが、図を中心としてとてもわかりやすい表現で、必要な放射性物質に関する知識・情報が記されています。子供たちでも十二分に理解できる表現と思います。公正な内容(現状の事実・法的事実)のみが表記されていますので、この知識を基準として理解しておくといいのではないでしょうか。とても参考になりますよ。








タグ:放射性物質
posted by poppo at 12:10 | Comment(0) | 自然現象・自然環境

2013年05月10日

自然エネルギー環境状況とそれに伴った「自然現象(地震活動など)」について。

ie01.jpg

自然エネルギー環境としては予定通りに一昨日辺りから昨日・本日と”反動(シーソー現象)”で火エネルギーが活性化された環境となっています。夏日となった地域も多かったのではないでしょうかね。今日は、西からすでに気象変化が進んでいて、自然エネルギー環境としても再び変化が始まっています。


■現在の自然エネルギー環境と想定される自然現象推移

自然現象として少し気がかりなのは、昨日・本日と特に「関東〜東北地域」で金エネルギーが活性化されています。この作用で土エネルギーが弱体化されることが推測できることから・・タイムラグ(時間差)を考えて、本日夕方ころから明日・あさってと”少し規模のある地震活動”が表面化してくる可能性がありそうです。

自然エネルギーの仕組みとしては、”火エネルギー”が急激に増大すると共に”土エネルギー”も増大傾向となっているのですが・・そこに相反するような作用の”金エネルギー”が活性化したことで、土エネルギーの状態が一時不安定化することになるんですね。

自然現象的に表現すれば、プレート活動がとても活発(土エネルギーの増大)となる中で、弱められる作用が働くことから”地殻の崩壊”が発生しやすくなるという流れです。この時の地殻の崩壊が・・すなわち「地震活動」という自然現象なんですね。金エネルギーが働いてから、この作用が現れるのには数日時間を要することになりますので、本日から週末に向けて、そんな傾向が現れてくるのではないかと推測できるわけです。


■自然民族さんへの影響

自然現象としては上記のような流れが想定できるわけですが、当然各自然民族さんにも、同様の影響が存在しています。一番、顕著に現れるのが・・。


”土族さん”が体調を崩したり、疲労を蓄積したりしやすい期間となる

ということ。これは先に記したように、”土エネルギー”が一時的に弱体化される働きが今の自然エネルギー環境の流れの中に存在していますので、土族さんに最も影響が出やすいこととなるのです。ケカ的には、「筋肉を傷める」「関節・骨への損傷」などには注意しておきたい環境です。





タグ:自然現象
posted by poppo at 10:08 | Comment(2) | 自然現象・自然環境
ざくろジュース

ホルモンバランスの改善に期待大!

一粒一粒ざくろの皮を剥くことで、糖度(14%)はそのまま、酸度をカット。その結果、渋みが少なく、とっても甘く飲みやすいザクロジュース(ざくろ果汁100%)に! 種ごと絞った果汁だからこそ、大切なざくろの栄養源&成分が活かされています。

□sponsor site

h4.jpg 自然民族の「診断方法」

簡易的な方法ではありますが、自分の「自然民族タイプ」は下記より診断することが出来ます。ご参照の上、診断をお楽しみいただければと思います。

ta-1.gif::自然民族タイプの診断はこちらから

inyou00.jpg::自然民族【陰陽】タイプの診断はこちらから

h4.jpg 自然民族の「特性」を理解する上で重要な要素

各自然民族の「特性」(自然民族占い)を理解するために、認識しておかないといけない重要な要素(誤解や間違った理解をしないために)が下記に記されています。ぜひ、一度はご参照いただければと思います。

*自然エネルギーの【陰陽】による”特性”の現れ方の違い!
*各自然民族の「特性」と現状の「性格」との違いについて!
*今の性格を形作る3つの要素。「特性」「陰陽」「正負」!

h4.jpg 自然民族「25種類」の特性

ttt-hi.gif
ttt-mizu.gif
ttt-tsu.gif
ttt-kin.gif
ttt-kaze.gif

自然民族「25種類」のそれぞれの特性概要を個別記事にて記しております。まずは個々の特徴を認識していただければと思います。

t1.gif:火の民【火族】火の民【水族】火の民【金族】火の民【土族】火の民【風族】

t2.gif:水の民【火族】水の民【水族】水の民【金族】水の民【土族】水の民【風族】

t3.gif:金の民【火族】金の民【水族】金の民【金族】金の民【土族】金の民【風族】

t4.gif:土の民【火族】土の民【水族】土の民【金族】土の民【土族】土の民【風族】

t5.gif:風の民【火族】風の民【水族】風の民【金族】風の民【土族】風の民【風族】